Loading...

出会いはそこら中にある!恥ずかしがり屋の女性でもできるナンパ方法

どうやって好みの人と出会ってるんですか?

この連載や私のSNSを見て、私がマッチングアプリを使わずに街中で出会いを見つけているということを知っている人と実際にお会いすると「どうやって好みの人と出会ってるんですか」と聞かれます。

そこで私は、マッチングアプリなんて使わなくても出会いはそこらじゅうに転がっていて、ひとりで行くバーでも、友達と行くカフェでも、親へのプレゼントを探しに行った紳士服売り場でも、お試しレッスンを受けた英会話スクールでも、自分が出会いのアンテナを張ってさえいれば、いつでもどこでも出会えてしまいます。と答えます。

そうすると今度は「出会える場所はどこにでもあると分かったけど、知りたいのはそこから!どうやって気になる相手と話ができる状況になるの?」と聞かれます。

確かに好みの人を射程範囲で見つけただけでは会話するところまで行けないですよね。いつも臨機応変にやっているつもりだったので、その辺については詳しく書いていなかったんですけど、よく考えたら毎回必ずやってることがありました。「あなたに興味がある人、ここにいますよー!」「わたし、あなたに興味あるんですけど!」という静かな主張です。

視界に入り込み、目で訴える!

飲食店にしても英会話スクールにしても、ただ視界に存在しているだけ、ただ客として目の前にいるだけでは何も始まらないんですよね。スタート地点にも立てていません。心と体の距離を縮めるためには、まずスタート地点に立たないといけないんです。そのために、目線で「あなたに興味がある人、ここにいますよー!」と視界に入り込み、「わたし、あなたに興味あるんですけど!」と目で訴えます。

そう説明すると今度は「えーっ!タイプだと恥ずかしくて見てないフリしちゃう!」と言う人もいます。でも考えてみてください。相手がゴリゴリのナンパ師か、相手にとって私が二度と出会えないかもしれない運命の女性オーラでも放っていない限り、見てないフリしてたら何も始まらないんですよ。

恥ずかしくても「あなたに興味がある人、ここにいますよー!」とアピールするため、相手がこちら方面に視線をやりそうなタイミングを狙って目を合わせに行きます。目が合ったらニコッ…というのはさすがに恥ずかしいけど、確実にバチッと目を合わせるまでは待ちます(できれば目にほほ笑みを)。」これを2回以上すれば、興味を持っていることは本人に確実に伝わってます。相手がトイレに立った時、トイレのドアから出てきそうなタイミングを狙って私もトイレに向かい、すれ違う2歩手前あたりで目を合わせにいくこともあります。
とにかく、あなたに興味がある人がここにいますよと確実に知らせます。

そこからは「私興味あります!」のアピール

目線による猛アピールでようやく声をかけてもらったら、そこからは「わたし、あなたに興味があるんですけど」のアピールですよね。会話の途中途中でバチッと好意の視線を飛ばします。普通に会話が盛り上がっている時の目線じゃなくて、完全に好意が含まれている時の、湿度のある0.2秒長めの視線です。好意のある湿った視線に気づかせることができれば、その先は頑張らなくてもテンポ良く進むので、とりあえずここまでは頑張ります。

「そういうのって自分の外見に自信がないとできないのでは?」と思いますよね?でも安心してください。年内に結婚して欲しいわけでもなければ、今すぐ彼女にして欲しいわけではないんです。まずお近づきになりたいだけです。あわよくばセックスチャンスをいただきたいだけです。相手から興味を示してもらえなければ、いい練習になったと思って諦めて、また次の出会いに向けてアンテナを張りましょう。

直球でガツンと誘える人にとっては遠回しで面倒なやり方かもしれませんが、自分に自信がない人や恥ずかしがり屋の人にとっては、ほんの少し勇気を出すだけでチャンスが増える技になりますよ!

Text/Betsy

前後の連載記事