死ぬまでには観ておきたい映画のこと

恋も冒険も空想だけじゃ物足りない!一歩踏み出せば、平凡な人生も映画みたいに…『LIFE!』

恋にも人生にも奥手で、平凡な毎日を送る男。ところがある日、世界を放浪するカメラマンを探しに世界中を駆け回ることで、人生が劇的に変わる——。<br /> 一人の男の現実と空想が入り交じる!ベン・スティラー監督・主演最新作。

 人生は一度きりです。二度、三度体験できるなら話は別。一度きりだからこそ、やりたい事をやりたい。でも、逆に一度きりだから失敗を恐れて踏み出せない。
この映画の主人公はまさにそれ。好きな人に想いを伝えられるのは空想の中だけ。そこではいつでもヒーローで、好きな人はヒロイン。

 でも、人生は映画のように上手くはいかない。
「想いを伝えたい」
「このままではいけない」
「別の世界が俺を呼んでいる」

そう思った瞬間、一人の男の人生が大きく羽ばたくのです。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと LIFE! ベン・スティラー ショーン・ペン クリステン・ウィグ シャーリー・マクレーン アダム・スコット パットン・オズワルト キャスリン・ハーン 20世紀フォックス映画 アドベンチャー 空想 現実 ユーモア 人生 ラブロマンス ヒーロー
© 2014 Twentieth Century Fox

 監督のみならず、俳優としてもベテランの地位を築き上げているベン・スティラー監督最新作。本作では主演もこなし、恋愛と人生に対して奥手な男を演じてします。>
主人公が空想の中でしか愛せないヒロインをクリステン・ウィグ、また、主人公を壮大な冒険に誘う孤高のカメラマン役をショーン・ペンが演じ、現実と空想が入り乱れる生々しさとファンタジックな演出が目を見張ります。


平凡な人生もドラマティックに変わる!

 【簡単なあらすじ】
 出版社に勤めるウォルター(ベン・スティラー)は毎日、雑誌『LIFE』のオフィスに通い、地味な写真整理の仕事をしている。何一つ変化のない、平凡な日々。密かに想いを寄せているシェリル(クリステン・ウィグ)とも上手く話せない。
でも、空想の中ではクールに、そしてエレガントに、シェリルに想いを告げている。彼は時折突飛な空想をすることで、過酷で退屈な現実をやり過ごす。

 そんなウォルターにある日、転機が訪れる。『LIFE』最終号の表紙を飾る重要な写真のネガがないことに気付き、世界中を飛び回る著名カメラマン・ショーン(ショーン・ペン)を探し、直接会いに行く旅に出る。
それは平凡な生活を一変させ、ウォルターの人生が歩み出す冒険だった——。