死ぬまでには観ておきたい映画のこと

彼女たちは、遠く離れた友だちに会いに旅立つ『ペタル ダンス』

大学時代のクラスメイトが海に飛び込んだという知らせを聞いたジンコと素子は、6年ぶりに再会するために旅に出る――。『好きだ、』の石川寛監督が宮崎あおいと6年ぶりに再タッグを組んだロードムービー。

ペタル ダンス 石川寛 宮崎あおい 忽那汐里 安藤サクラ 吹石一恵 風間俊介 安藤政信 ビターズ・エンド
©2013『ペタル ダンス』製作委員会

 時が経っても、遠くはなれてしまっても、大切な友だちはずっと繋がっている…。 静かな時間と、穏やかな空気。この独特で心地よい映画の中で、久々に会いたい友だちの顔を思い出してみましょう。 『tokyo.sora』、『好きだ、』で女性の繊細な心の動きを描いた石川寛監督が、6年ぶりに心に沁み入る名作を放ちます。宮崎あおい、忽那汐里、安藤サクラ、吹石一恵といった実力派の女優が一堂に会し、自分を見つめ直し、新たな生活を目指す女性たちの心象風景を見事に映像化しています。

 大学時代からの友人であるジンコ(宮崎あおい)と素子(安藤サクラ)は、6年間会っていない友人のミキ(吹石一恵)が海に飛び込んで溺れ、その後助けられたという噂を耳にする。ミキのことが気がかりな2人は休暇を合わせ、彼女に会いに行こうとする。そこにジンコが職場で知り合った原木(忽那汐里)も加わり、3人はミキの地元を目指し、北の方角へ旅に出る――。

 苦しみや悲しみを感じながら、それでも懸命に生きていくすべての女性のためのロードムービーです。 あなたにとって大切な友だちとの記憶を、ふっと呼び起こしてくれるはず。 ぜひ身近にいる女友だちとともに、この旅の一歩を踏み出してみてください。

ペタル ダンス 石川寛 宮崎あおい 忽那汐里 安藤サクラ 吹石一恵 風間俊介 安藤政信 ビターズ・エンド
©2013『ペタル ダンス』製作委員会


4月20日(土)より渋谷シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

監督・脚本・編集:石川寛
キャスト:宮崎あおい、忽那汐里、安藤サクラ、吹石一恵、風間俊介、安藤政信
配給:ビターズ・エンド
2013年/日本映画/90分
URL:映画『ペタルダンス』公式サイト
Twitter:@petal_movie
Facebook:petaldance2013



Text/Michihiro Takeuchi