もしかして「ブラック恋愛」かも!彼に尽くして疲弊する前に…

食事をサーブする女性の画像Sasha • Stories

好きな人ができると、相手の都合や希望に合わせて行動しがちな女性がいます。もともと性に受け入れる性質が強いことにも起因しますが、しかし、無理をして相手に合わせる恋愛は、必ずどこかのタイミングで破断します。

どこかのタイミングとは、あなたの心の我慢のコップが溢れたとき。
でもそのコップの大きさって、多くの女性が気にしていません。ブラック恋愛にならないためにも、「我慢のコップ」について、意識を向けてみませんか?

彼に合わせすぎる女性の特徴5つ

「相手に合わせすぎる」と一言で言っても、どんな行動が該当するか意外とわからないものです。そこでまずは5つ、合わせすぎる女性がやりがちな行動をご紹介します。

・彼の好みや希望を、できうる限り全部実行する

彼がショートが好きなら髪を切り、スレンダーが好きならダイエットをする。もちろん適度なものは可愛げがありますが、絶対全部実行するのは、あなた自身に無理が生じているかも。

・常に相手の機嫌と気分と都合を察して動く

彼の機嫌が悪くならないように。少しでも自分といた時間で楽しんでもらえるように。心がけるのは大事ですが、それってある意味、彼にビクビクして生きていませんか?

・彼がヒマとわかったら、無茶してでも会いに行く

夜中。もう眠いのに彼がヒマだって言ったから、タクシーで駆けつけたことはありませんか? それ、本当は寝たかったんじゃないの?

・彼に否定されると死ぬほど落ち込む

彼に否定されると、「私なんて価値がない! もう死にたい」くらいに思えてきませんか。でも彼が否定したのは、あなた自身ではなくて、特定の行為や行動のはず。彼の言葉自身を、自分の価値基準にしすぎているかもしれません。

・彼の予定や行動を予想して対応できるように動く

彼とチャンスがあれば会えるように。そんな期待を抱きすぎて、彼の家の近くを遠回りして帰ったり。彼の仕事終わりを予想したり。それって、あなたは無理していませんか?

どれかひとつでも思い当たる行動はありませんか?
もちろん程度問題ですから、行うことは否定しません。それに、健気だなと私自身も見ていて思います。

ただ相手に合わせるという行動は、無意識のうちに“心の我慢のコップ”に水を注いでいる行為です。つまり、我慢の度合いを自分で把握していないと、気づいたら感情が溢れて無理になっている。なんてことが起きるのです。