彼があなたの話に、耳傾けてくれるか?

もしも、彼があなたの趣味をバカにしたり否定したりするような人だったら、離れたほうがいいと思います。
それは趣味に限らず、見た目や性格、仕事なども同じように言えます。
でも、彼があなたの好きなものや趣味を尊重してくれているのであれば、あなたの悩みは杞憂に過ぎません。
「彼の趣味に比べて自分の趣味は…」という悩みは、彼と同じくらい熱中できる趣味が見つかって、仕事にもつながるようになれば解決するのでしょうか?
きっと、そうじゃないですよね。
それだと無理矢理で趣味じゃなくなってきっと楽しくないでしょうし、あなたの性格にも合わないのではないでしょうか。
だったら、やっぱりあなたの考え方次第になってきますから、比べないための気持ちの持って行き方をできるようになったほうがいいと思います。

ただ、恋人という近しい間柄では、否が応でも気になってしまのかもしれません。 彼にとっての趣味とあなたを比べてしまっているようですが、そもそも単位が違うものというのは比べられないんですよね。
この人とあの人ならどっちがタイプ? だとか、この2つの漫画だったらどっちがおもしろかった? だとか、比較対象が同じならまだしも、趣味と自分、仕事と自分などについては、どちらが大事かなんて明確に答えられないもの。
ましてや、彼の場合は趣味と仕事の境界線が曖昧なようですし、生活の大部分を占めていることになります。
わたしたちが趣味として楽しんでいる時間は、彼にとって仕事中と言ってしまっても差し支えないかもしれませんね。

彼がどういった生活スタイルなのか、そしてあなたといるときもどの程度趣味に没頭しているのかがわかりませんが、彼が趣味(=仕事)に没頭し過ぎず、あなたといる時間もきちんと大事にしてくれているのなら、「彼の趣味と比べて自分の趣味は大したものじゃない…」といった悩みも生まれなかったのかもしれません。 そして、もしも彼があなたのことを蔑ろにし続けるようであれば、おそらく今の苦しさはずっと続くと思います。
あなたが、「彼の趣味は仕事!」「そんな風に熱中できるものを持っている彼が好き!」と割り切れるなら、それはそれでいいと思います。 でも、そう割り切ってしまう前に、「せめて予定を合わせて一緒に過ごしている時間くらいは、わたしのほうを見てほしい」とか「お互いの関係性のために真面目な話し合いをしているときですら、趣味に意識を持っていかれるのはやめてほしい」とか、一度伝えてみることをおすすめします。
それでも彼が理解を示してくれない、あなたのことを蔑ろにするのをやめてくれない、そんな彼と一緒にいるのがつらい、比較してしまうことをどうしたってやめられないというのであれば、離れることも選択肢のひとつとして頭に入れておいてください。

たとえ恋人といえど、コンプレックスを刺激されてしんどい気持ちになるのなら、距離を取ったほうが、お互いのためにも精神衛生上ずっといいですから。

-----
この連載では引き続き読者の皆さまからの恋愛相談を募集します。
最後の一歩が踏み出せない方の背中をドーン!と押すため、今にも崖から落ちそうになっている人を腕一本で引き上げるため、誰かに厳しく叱られたい方の左頬をフルスイングで打つため、わたくしポジティブゴリラは日々ゴリラらしく腕力を鍛えてお待ちしております。

恋愛相談をする

Text/ものすごい愛
Banner design/saori・tanaka

※現在、多数のご相談をいただいております。
ものすごい愛さんに順次回答いただく予定ですが、隔週掲載となるためお待たせしまうこと、すべてのご相談に回答できない可能性もございます。
誠に恐れ入りますが、何卒ご容赦くださいませ。(AM編集部)

『命に過ぎたる愛なし』が書籍化!

『命に過ぎたる愛なし ~女の子のための恋愛相談』書影命に過ぎたる愛なし ~女の子のための恋愛相談/ものすごい愛/内外出版社

ものすごい愛さんの人気連載が書籍『命に過ぎたる愛なし ~女の子のための恋愛相談』として内外出版社より発売中!
恋愛の地点ごとに分けられた6つの構成で、大幅加筆のうえ、10項目の書きおろしをプラス。
寄せられた相談ひとつひとつに「大切な友達」だと思って回答したという、ものすごい愛さん。手元において読み返したくなる1冊になっております。

好評発売中