Loading...

趣味を仕事にした彼が眩しい…!大したことない私は嫉妬してしまう/ものすごい愛

悩む女性 Artem Kovalev

親愛なるAM読者のみなさま、ごきげんよう。
ものすごい愛です。

前回の記事では、別れたことを後悔していないのに、元彼の結婚を知ってから気持ちの整理がつかず、彼の幸せそうなSNSを見て落ち込んでしまっている人からの相談でした。
こちらが公開されて、多くの人から「彼と別れてつらかったときに読みたかった」「あのときのわたしに読ませてあげたい」といった感想をいただき、「ああ、書いてよかったな」と、とてもうれしく思いました。
過去の自分は、いつでも救えます。
この記事を読んだ今のあなたが、過去のあなたを救ってあげてほしいと思います。

彼の多才な趣味に嫉妬してしまう

【相談】
彼氏の趣味に嫉妬してしまいます。私の彼氏は、時に寝食も犠牲にして熱中するような趣味があります。一緒にいても趣味に夢中で話を聞いていないこともあります。趣味と自分を比べるのもナンセンスな気もしますし、趣味の方が私よりも彼氏との付き合いが長いので仕方ないのですが、やはり比べてしまいます。
さらに彼氏は趣味を仕事にしたため、好きなことをする→仕事がうまくいく→さらに趣味に打ち込むというサイクルができあがっており、社会的にも認められています。一方の私はというと、 いくつか趣味といえるものはあるものの、なにかと彼氏の趣味に対する姿勢と比較してしまい「あんなに熱中できないし」「これは仕事にはできないから」と落ち込んでしまいます。仕事に繋がらなくてもいい、比較せず好きなことをすればいい、とわかっているものの、なにかと比べてしまいます。
素敵な人なのに、憧れより嫉妬が勝ち、自分が恥ずかしいです。 彼氏にとっての趣味と私、彼氏の趣味と私の趣味、これらを比べずに堂々と生きたいです。助言いただけませんか?(25歳)

今回送っていただいた相談文を読むと、あなたは彼の趣味と自分の趣味、そして彼にとっての趣味とあなた自身を比べてしまっているようですね。
この2つのお悩みについて、順を追ってお答えしていきます。

前後の連載記事