Loading...

私だって盛大に結婚式をあげたかったのに…!友人からの招待に祝福できません/ものすごい愛

外を眺める女性の画像 Omar Lopez

ニュースで今年は暖冬と言われるたびに「どこが??! 死ぬほど寒いんだけど!!?」と寒さに震えているAM読者のみなさま、ごきげんよう。
灯油ストーブの前を陣取って布団に包まりながら、毎晩キンキンに冷えたレモンサワーを飲むことが日課になっております、ものすごい愛です。
……とはいえ、北海道の冬は灯油代とガス代がアホみたいに高いので、毎月明細に書かれている請求額を見るたびに、別の意味で震えているんですけどね……。

前回の記事では、趣味に時間を費やしすぎている旦那さんとの生活の折り合いのつけ方に悩んでいる女性からの相談でした。
生活をともにするうえで、何か問題が生じたときはお互いが歩み寄って中間地点を見つけていくのが理想ですが、それが難しい場合はきっとどちらかが譲ることになりますよね。
でも、譲ってもらったときに「ほんとうは嫌なのに我慢しているんじゃないかな」と気にする必要はありません。
だって、きちんと話し合ったうえでのベストな着地点がそこだったわけですから。
「言いたいことは全部伝えた! 相手の要望もできる限り聞き入れた!」というところまできちんとやれたのであれば、「本人がいいって言ってるんだからよしとしよう!」という、“適度な鈍感力”は大切だと思います。

大勢の人に祝福されたいのに…友人の結婚の報せに嫉妬を

【相談】
友人の結婚式の知らせに嫉妬してしまいます。小学生の頃からの友人は性格も見た目も違うのですが、縁があって現在も仲良くしています。別の大学に進学したものの、卒業後は同じ業種の仕事に就きました。そして、私達2人とも昨年入籍し、今年式を挙げます(示し合わせたように同じ道を歩んでいるので、お互い会う度に笑ってしまいます)。ただ、友人は大々的に式を挙げるのですが、私は身内のみの小さな式をする予定です。
友人から式に招待された時、どうしようもなく嫉妬してしまい、出席したくないと思ってしまいました。大好きな友人なのに、私自身も結婚して幸せなのにです。本当は私も大切な人を招待して、みんなに祝福されたかったのだと思います。ただ、そうもいかない事情がありました。

私の母は気難しく自分勝手で、とても非常識な人です。クレーマー気質で、気に入らないことがあると怒鳴り散らし、身内、特に自分より弱い者(動物や子供など)には手を出します。夫や夫の両親にも、感情のままに失礼な言動ばかりします(夫も、夫の両親も大らかで優しい人柄で、「気にしないで」「大事な娘が離れて寂しいんだよ」と言ってくれるのですが……申し訳なくて泣きたくなります)。
そんな母に小さい頃から惨めな思い、恥ずかしい思い、悔しい思いをたくさんしてきました。式の場でも何かやらかすのではないかと気が気ではありません。いっそ式を挙げないことも考えましたが、そうなると母が激昂するでしょうし、何よりも私達夫婦が式くらいは挙げたいと思っていたので何度も夫と相談し、式は身内のみにしようと決めました。

結婚して母から離れられてホッとしています。大好きな夫と、怯えなくていい穏やかな日々を暮らすことができて幸せです。それなのに、友人の式の知らせに心がかき乱されてしまいます。どうすれば大好きな友人の幸せを素直に喜べるのでしょうか(27歳・女性)。

あなたも、ご友人も、ご結婚おめでとうございます。
まず、わたしが感じたのは、あなたはほんとうにやさしくて思いやりのある人なんだなぁ、ということです。
自分の幸せを実感できていると素直に言えるところ、ご友人のことを「大好き」だと何度も表現しているところ、そしてそんなご友人の幸せを心から祝福したいと思って、しんどいはずの自分の感情にどうにか折り合いをつけられるよう、丁寧に相談文を書いて送ってくださったところ。
全部、あなたの素敵なところで、わたしは尊敬します。
きっと、あなたがほんとうに素敵な人だから、ご友人はあなたを結婚式に招待したのでしょうし、旦那さんや義理のご両親も、あなたのお母さんが非常識な人(相談文に書かれているので、そのまま引用させていただきます)であれ、理解を示し、あなた自身を受け入れてくれているのだと思います。

前後の連載記事