バレンタインに手作りチ〇コをプレゼント
バレンタインに手作りチ〇コをプレゼント

完成したのがこちらです!

バレンタインに手作りチ〇コをプレゼント
バレンタインに手作りチ〇コをプレゼント

……なぜ、モザイクがかかっているかって……?
私は、ここであることに気づいてしまったのです。

このチ◯コ……まるでチ◯コじゃんってことに。

バレンタインに手作りチ〇コをプレゼント

なぜ私は型を買ったときに気がつかなかったのでしょうか……。これではせっかく作ったチ◯コをコンプラ的に載せられないじゃないですか。

落ち込んでいてもしょうがないので、とりあえずモザイク処理をしてなんとかごまかしてツイートすることにしました。

ちなみにこのツイートをした瞬間に母親から、苦情のラインが来ました(ガチ)。
でもよく考えたら沖縄には「ちんこすこう」という、ちんすこうも売ってるくらいなので、このくらいはおおめに見てほしいものです。

気になるあの人にプレゼントしてみた

せっかく作ったし、心も込めて作ったので……気になるあの人にプレゼントすることにしました。

シェアハウスの共有スペースに彼を呼び出して……いよいよ告白タイムです。

バレンタインに手作りチ〇コをプレゼント

渋木「Aくん……! 今日はバレンタインだね……」
Aくん「そうだね」

渋木「手作りチ◯コ、作ったんだけど……食べてくれない?」
Aくん「え……!? え……!?」

バレンタインに手作りチ〇コをプレゼント

渋木「はい! これなんだけど……」

バレンタインに手作りチ〇コをプレゼント

(ウシジマくん似の)Aくん「えっ……(言葉を失う)」

検証結果

好きな人にチ◯コチ◯コをあげた結果、それ以降、目を合わせてくれなくなった。

余談ですが……私は、以前に胸板を紙粘土で作ったことがあるくらい胸板フェチなのですが……

バレンタインに手作りチ〇コをプレゼント

今回もチ◯コが少し余ったので、胸板チ◯コも作ってみました!
それがこちら!

バレンタインに手作りチ〇コをプレゼント

うーん……イマイチな出来となりました。やはりチ◯コだと難しいです……。

でもチ◯コチ◯コがモザイク処理するはめになったので、代わりに胸板チョコを作っておいて本当によかったと今なら思います。

こうして、またしても渋木プロテインおやじは、彼氏を作ることはできませんでした。
でも私は諦めない……! 彼氏ができるまで……!

To be continued…

前後の連載記事