石原さとみになりたい!

「恋愛催眠テクニック」で男友達を恋に落としてみた

あらゆる恋愛テクニックを使って、本当にモテるか検証する本連載。今回は自己流の「恋愛催眠」で相手を落とそうとする渋木プロテインおやじさんですが…?

【前回までのあらすじ】
 『彼氏いない歴=年齢』のモテないOL・渋木プロテインおやじ(♀)。
いよいよ両親に将来を心配されてしまった渋木だが、「石原さとみさんのようなモテ女になる」という目標のもと、モテ仕草に挑戦したり、恋まじないをしたりと奮闘するも、モテる気配はまったくない。果たして、渋木は念願の彼氏を作ることができるのか……?

 前回は、リコーダーを使って、私のことが好きな人をおびき出そうとしましたが「私のことを好きな人はいない」という結論に至りました。

恋愛催眠テクニックで男友達を故意に落とす渋木プロテインおやじの画像

 そもそも、私のことを好きな人がいない状況で彼氏を作るなんて不可能です。

 そこで私は閃きました。
そうだ、力技を使ってでも私を好きになってもらえば良いのだと。
そう、催眠術をかければいいんだと!

恋愛催眠テクニックで男友達を故意に落とす渋木プロテインおやじの画像 悪いこと思いついて、悪い顔をする渋木プロテインおやじ

 そこで今回は、催眠術を駆使してモテるのか、検証することにしました。
果たして念願の彼氏はできるのでしょうか……?

 ちなみに「催眠術をかける」と言っても詳しい知識がなくては難しいと思うので、日常生活でできそうな、自己流「恋愛催眠テクニック」に挑戦しました。

①ダブルバインドでデートへと誘う

 最初に選んだのは催眠誘導技法の「ダブルバインド」

ダブルバインドとは……
矛盾した2つ以上のメッセージで精神的な拘束をして、相手を従わせる心理テクニックのこと。親が子供を叱るときなどによく用いられます。



 これだけ聞くと「こわっ!」って思うかもしれないですが、これを恋愛に応用するとまた話が変わります。上級恋愛テクニックへと変貌するらしいのです(友人談)

 まず恋愛で活用する場合は、二者択一の選択肢を用意します。

 そして、相手がどちらを選んでも自分にとって良い方向になるようにします。

 例えば、ご飯に誘いたいなら「ご飯に行かない?」という聞き方ではなく、「ご飯か映画に行こうよ!」というような聞き方をします。

恋愛催眠テクニックで男友達を故意に落とす渋木プロテインおやじの画像

 この場合、「YESかNO」ではなく「ご飯か映画か」という選択肢から回答することになります。

恋愛催眠テクニックで男友達を故意に落とす渋木プロテインおやじの画像

 このように「デートに誘って相手から必ずOKがもらいたい!」という場合にダブルバインドの心理テクニックを活用することができます。とにかく相手に断る選択を与えないのがコツです!

 ダブルバインドをうまく使った誘導がこちらです。

恋愛催眠テクニックで男友達を故意に落とす渋木プロテインおやじの画像

 なるほど、このテクニックを使えば断られることが減りそうですね。


 私もさっそく男友達にLINEしてみました。

恋愛催眠テクニックで男友達を故意に落とす渋木プロテインおやじの画像

 LINEがたまりすぎてるというツッコミは置いといて…

 へへ……これでデートに誘いだせるはず。

 あ、返信きました!

恋愛催眠テクニックで男友達を故意に落とす渋木プロテインおやじの画像

 ……いや、全然効かねえじゃねえか!
でも冷静に考えると当然の結果かもしれません。付き合ってるわけでもなく、そこまで仲良いわけでもない奴から急に誘われたら意味がわからないでしょう。

 なんとか一生懸命、普通に誘いだし、カフェデートをすることに。