忘れられない恋がある。友人とその彼が連れていってくれた場所

 自分を好きになってくれない人や身勝手な人ばかり好きになり、不安定な恋愛関係に陥ってしまう女性たちへ。
「私は最初から私を好きじゃなかった」――自己肯定感の低い著者が、永遠なるもの(なくしてしまったもの、なくなってしまったもの、はなから自分が持っていなかったもの)に思いを馳せることで、自分を好きになれない理由を探っていくエッセイ。

永遠なるものたち020「忘れられない恋」

なかのいいカップルの画像by rawpixel.com

 忘れられない恋があります。
これが可笑しなことに、自分の恋ではなくて、友人の恋なのです。

 「あいつ浮気してた!」
 友人が興奮気味に飛びついて来たのは、もう何年も前のことです。彼女は透けるように白い肌と茶色い瞳の顔を輝かせて、他人のゴシップを掴んだ時のような妙に勝ち誇った表情をしていました。
 「突然、浮気相手の女から電話がかかってきたの」
 大仰なジェスチャーで話し始めると、彼女は本当にイギリスかどこかのティーンエイジャーみたいです。話に合わせて振り回されている華奢な腕から、わずかに怒りと動揺が漂っています。

 彼女の恋人とは私も面識がありました。年齢は30代半ばだったでしょうか。陽気なイタリア人で、喫茶店と、たしか時計屋を経営していて、友人に付いて時々喫茶店のほうに遊びに行っていたのです。お店に行くと彼は紅茶を出してくれて、彼女とは英語で、私とは強く訛りの残った日本語で話しました。たまに友人が離席してふたりきりになると、彼女が戻ってくるまで、いかに彼女が素晴らしい恋人かを私に力説しました。イタリアの人って情熱的だなあと思ったものです。

 そんな彼と交際している友人も充分すぎるくらいパワフルな女の子で、勇敢にも浮気相手からの電話に喧嘩腰で応えたと言います。しかし、電話越しの女性が伝えてきたのは、自分のほかにもいるらしい数人の浮気相手の存在でした。
 「ええっ」
 私も声を上げて驚きました。あんなに彼女に情熱を注いでいたのに、そんな相手がひとりだけでも、ふたりでもなく、ほかに何人もいるなんて。
 しかし友人も彼に負けじと私を驚かせます。はじめは食ってかかるように話していた浮気相手の女性と結託して、彼の自宅に急に押しかけたと言うのです。  
 なんとそこには彼の妻と子どもがいました。
 三人の女たちがそれぞれどんな風に驚いたのか、私はいまでも想像してしまいます。ふたりは奥さんに招かれて家に上がりました。どんな風にして家に上がって紅茶まで出してもらったのかは、想像もつきません。