Loading...

SNS時代に自分の「メンヘラ」と向き合うには?/米代恭×ぱぷりこ対談

米代さんとぱぷりこさんの自画像

 「恋は盲目」の言葉どおりに高校時代の先輩(既婚)を偏愛しつづけるメンヘラ女子・かのんの切ない恋の変遷と同時に世界の危機の行く末を描く、新感覚不倫×SFマンガ『あげくの果てのカノン』(小学館)。
徹底的に掘り下げた心理描写に共感の嵐がやまない同作品の3巻発売を記念して、同じく、恋愛で悩む女性たちの心理を徹底的に掘り下げた新刊『なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ』が話題沸騰の外資系OL・ぱぷりこさんと、『カノン』著者の米代恭さんが、徹底対談。

 前編〈不倫で病んだときに必要なのは「欲望の解体」だ〉もご覧ください!

本当のメンヘラは、どっち?

――『あげくの果てのカノン』では、主人公のかのんだけでなく、片思い相手の境先輩の妻・初穂の心情も詳細に描かれています。

ぱぷりこ

妻・初穂については、1巻ではあくまで「話に聞く存在」だったので、2巻で初穂のモノローグもどんどん出てきて驚きましたね。初登場シーンも怖かった……! 単行本の帯では、かのんのことを「メンヘラ」と書かれてますけど、私はどちらかというと初穂のほうがあぶないと思う。

米代

どのあたりですか?

ぱぷりこ

自分の感情のために他人を傷つけることをいとわないところですね。かのんはいつも葛藤してるけど、初穂はためらわずにやれる。

米代恭『あげくの果てのカノン』3巻画像 米代恭/小学館 月刊!スピリッツ連載中
米代

漫画家としては、物語が盛り上がる対立構造が生まれるようにキャラ造形してしまうので、それによって初穂がヤバくなってしまったところはあるかもしれません(笑)。もちろん、彼女がどうしてそういう行動に出るのかという点についてはものすごく考え抜いて描写してます。あと、そういうの抜きにして、私が「自分の目的のために手段をいとわない女」がすごく好きなんですよ。

ぱぷりこ

なるほど(笑)。

――境と初穂は、周囲から見ると理想のカップルですし、本人たちも最初はそのつもりだったのに、どうしてああなってしまったと思いますか?

ぱぷりこ

あの2人は……お互いの願いがズレているんだろうなとは思いますね。相手に求めていることがどんどんズレていって、関係性もズレてしまった。『カノン』では、境が「地球外生命体との戦いの中で身体の“修繕”を続けていった結果、心変わりするようになってしまった」という経緯があるのが特殊ですけれど、そういう夫婦自体は現実でもいます。

米代

ぱぷりこさんが、彼らを横目で見ている友人なら、どんなアドバイスができると思いますか?

ぱぷりこ

初穂は、ずっと変わらない昔のままの境がいいんですよね。「変わるあなたがいい」とは言っているけど、心変わりして自分から離れていく恐怖をずっと感じている。一方の境は、変わっていっても自分は自分だと思いたい。うーん、「とりあえず二人でもっと話したら?」につきますね。

米代

そうなんですよね! 初穂のキャラクター像の根幹には「プライドが高くて見栄っ張り」というところがあって。「私はこれを手に入れるために、これだけの努力ができる人間です」と常に気を張っている。すごく見栄っ張りだから、自分と境がズレてることも直視できていない……。 あの二人、もっと話さないといけないとは私も思っています。

前後の連載記事