• love
  • 2016.12.23

かにかまを煮るだけで美味しい出汁が!?体をいたわる「かにかま雑炊」

立て続けの忘年会のせいで、食生活が乱れがちなこの時期。今回、まいったねえさんがAM読者に紹介するのは、イベントだらけで疲れ気味な体にぴったりのいたわりレシピです!かにかまぼこから出し汁をとった、ふわふわとろとろの「かにかま雑炊」と冬野菜の代表格をつかった「白菜の浅漬け」、ぜひつくってみてください!

ヒモ まいったねぇ レシピ 忘年会 かにかま雑炊

 こんにちは、ヒモのまいったねぇです。

 いよいよ、明日はクリスマスイブですね!…と言っても、世間は随分前からクリスマス一色。
前もって、平日の朝9時からツワモノばかりなお姉さんたちの行列に混ざり、なんとか手に入れたIKEAのモミの木はすでにカラカラに枯れ、手作りのクリスマスリースは鮮やかな緑色から乾いた茶色へと、すっかり変わり果ててしまいました。

 サンタクロースが来ない今、楽しいのは12月25日の朝ではなく、クリスマスに向けて色々な準備をしている時間なのかもしれません。

 今回は、忘年会やクリスマスのご馳走でお疲れ気味な体にぴったりの、いたわりレシピをご紹介したいと思います。

出汁要らず! ほっこり美味しい「かにかま雑炊」

「かにかまぼこ」というと、蟹のニセモノというイメージを持っている方が多いかもしれませんが、侮ることなかれ! 実は煮るだけで、とても美味しい出汁が取れるのです。

 それもそのはず、カマボコの原料は鱈や鯛といった白身魚。そのおいしい出汁でご飯を静かに煮て、卵で綴じれば、ふわふわとろとろの雑炊が出来上がります。
口の中でほどけるような、かにかまの食感はえのきや卵と相性ぴったり!

 忘年会やクリスマスで乱れがちな食生活を優しくリセットしてくれます。

「かにかま雑炊」の作り方

ヒモ まいったねぇ レシピ 忘年会 かにかま雑炊

【材料】
・かにかまぼこ 5本
・ご飯(チンご飯でも冷ご飯でもok) お茶碗に軽く1.5膳分
・卵 1個
・えのき 2分の1株
・三つ葉 適量
・水 350cc
●塩 小さじ1と2分の1
●酒 小さじ1
●醤油 小さじ2分の1

ヒモ まいったねぇ レシピ 忘年会 かにかま雑炊

1.鍋に水を張って沸騰させます。お湯が沸いたところに●印の調味料を加え、手で細く裂いたカニカマと、えのきも入れてひと煮立ちさせます。

ヒモ まいったねぇ レシピ 忘年会 かにかま雑炊

2.カニカマとえのきを煮ている間にご飯を冷水で洗いほぐし、煮立ってきたら、ご飯を加え、ふつふつと優しく煮立つくらいの火加減で3分ほど煮ます。

【ポイント①】
ご飯をぐつぐつ煮てしまうと、水分が飛んで粘り気が出るので注意しましょう。

ヒモ まいったねぇ レシピ 忘年会 かにかま雑炊

3.3分経ったら強火にし、ぐらぐらと沸いたところに溶いた卵を回しかけ、10秒数えたら蓋をして火を止めます。

【ポイント②】
溶き卵は沸いているところに垂らすと、ふわっと仕上がります。

 4.余熱で卵が半熟に煮えたら出来上がり。器によそい、刻んだ三つ葉をたっぷりのせて召し上がれ。

 薬味は三つ葉以外にも、柚子の皮や細葱などを添えてもよく合います。

「白菜の浅漬け」

ヒモ まいったねぇ レシピ 忘年会 白菜の浅漬け

【材料】
・白菜 4分の1カットのさらに半分
・昆布 ひと欠片
・3%の塩水 密閉袋の中で白菜が全部浸かるくらいの量
・柚子の皮 適量
・鷹の爪の輪切り(あれば) 適量

ヒモ まいったねぇ レシピ 忘年会 白菜の浅漬け

1.白菜は芯を落としてザク切りにし、よく洗ってから密閉袋に入れます。

ヒモ まいったねぇ レシピ 忘年会 白菜の浅漬け

2.塩水を作ります。計りをお持ちの場合は、水の重さの3%の塩を溶かした塩水を作り、計りをお持ちでない場合は味見をしながら塩を足して、海水より少し塩辛く感じる程度に調節し、昆布、柚子の皮、鷹の爪を加えます。

ヒモ まいったねぇ レシピ 忘年会 白菜の浅漬け

3.白菜を入れた密閉袋に塩水を注ぎ、冷蔵庫で漬け込みます。最短で1時間ほど漬けておくと食べることができます。3日間はおいしく食べることができ、漬けた翌日あたりが一番の食べ頃です。

 寒くなってくると美味しくなる冬野菜の代表格の白菜は、とてもみずみずしくて甘みがあります。お鍋に入れるのが定番だけれど、ぜひ一度、生でしか味わえない甘みやシャキシャキ感をお楽しみください。
お好みで鰹節とお醤油をかけてもおいしいです。

+++++++++++++

 いつから12月25日の朝が特別な時間じゃなくなってしまったんでしょう?
思えば、最近ディズニーランドに行った時も昔ほど「うわー!楽しい!!」と思えなかった。

 その一方で、彼女と他愛のない話をしながらする、クリスマスツリーの飾りつけやクリスマスリース作りはすこぶる楽しい。クリスマス当日よりも、そこに至るまでの過程の方が楽しく感じるようになってきたのです。

 日常も同じだと思います。何の変哲もない普通の日の間に、ちょこちょことクリスマスみたいな特別な日が埋もれている。

 だからこそ、つい忙しく流れていってしまう日常をいかに楽しく過ごすかということが大切なのだと思います。


Text/まいったねぇ

次回は <クレソンが主役の絶品「鶏南蛮蕎麦」!おしゃれなソバで紅白見よう>です。
大晦日に食べるのは、やっぱり年越しそば!細く長く、質素なおそばもいいですが、今年はちょっとおしゃれにボリュームのある、鶏南蛮そばはいかがでしょうか?こんがりジューシーな鶏肉によくあうのはクレソン。さらに一足お先に、菜の花のからし和えで春の風味も味わってみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

童貞の疑問を解決する本

ライタープロフィール

まいったねぇ
ヒモ。1993年、東京生まれ、ゆとり世代の温室育ち。働く彼女のために幅広く家事をこなす。

今月の特集

AMのこぼれ話