Loading...

キラキラ女子の「パートナー自慢」は承認欲求を満たすのか?内面を磨けない人間の代償

キラキラアカウントって知ってますか?

トイアンナ 承認欲求 クリエイティブ flossyflotsam.

こんにちは、トイアンナです。Twitterのキラキラアカウントってご存知ですか? 詳細は私のブログにありますが、簡単にお伝えするとゴージャスな暮らしを自慢するアカウントです。

ルブタン♡三ツ星レストラン♡クルーザー♡と羨ましい暮らしを綴るキラキラ女子。憧れの視線を浴びることで承認欲求を満たしていることは疑いようもありません。ただ個人的にはこの程度で承認欲求が満たされるなら、平和でいいじゃないかと考えています。

Twitter界にはおっぱいや股間をポロンして承認欲求を満たす激ヤバ女子がいくらでも転がっています。それに比べりゃルブタンなぞ、いくらでも履いてくださいってもんです。

「パートナー自慢」は争いの火種

「麻布十番育ち♡ 両親から誕生日に貰ったティファニー♡ ほんと愛されてて感謝♡」ならヒップホッパーと大差ないポエムで済むところですが、キラキラアカウントが本領を発揮するのはパートナー自慢から。
医者彼、外資彼などと彼氏の職業をプロフィール欄に掲載するところから始まり(それはお前のプロフィールじゃねーだろ!) 彼氏がいながらいかに他の男性にも言い寄られ、選べる立場にあるかを見せ付けます。

とはいえ、男性は価格のついた商品じゃありません。そこでしばしば「最上級」を巡ってキラキラアカウント同士の罵倒が始まります。

たとえば、
「医者って付き合っても人間としてつまんない人が多いよね」
「外銀の男って性格に難アリも多いから、金の亡者じゃないと付き合えないよね♡」
「商社マンごときの年収で自慢されても、しょせんリーマンじゃん」

なぜか読んでいるだけで真面目に働いている私が傷つくんですけど、きっとこの気持ちは男性陣も同じ。お前はなんぼ稼いどんじゃい! とツッコミを入れたくなるフレーズが次々登場します。

前後の連載記事