予断と経験則を越えて

例えば、昔付き合った男とまた付き合う人っていますよね。
前に理由があって別れたのに、それを忘れてバカだね、
なんて賢い人は言うのかもしれません。
私はそうは思いません。お互い時間が経って人生経験を積んで、変化をしている筈です。そんな二人がもう一度あって、新しい感覚で惹かれあったら、それはそれでありなんじゃないかと思うのです。

予断を持ち過ぎて自重をしてというのは
もしかしたら賢いのかもしれませんが、つまらないと私は考えてしまいます。
だから私は賢くないかもしれませんが、新しい気持ちで明日からも生きたいので、過去にこだわることをやめにしました。 だって、せっかくいただいた人生ですもの。
沢山の経験をしたいと思う、欲張りな私です。

本当に大事なことは自分の身になっていると私は信じています。
「千と千尋の神隠し」に出てきた銭婆の言葉
「一度あったことは忘れないものさ。思い出せないだけで」
という言葉に共感しているからです。

たとえ、大事なことを本当に忘れてしまう時が来ても、それはその人にとって、忘れる必要があったからで、次の旅支度を今生で始めたのかなと考えるようにしています。
だから、私があなたを忘れてしまっても許してください。
そのかわり、あなたが私を忘れるのも許します。
いつも新鮮な気持ちでお会いしましょう。ふふふ。

Text/肉乃小路ニクヨ

前後の連載記事