ニューレディー入門 -淑女への道-

手術して美人になるという心意気!ブスが損する世の中で整形を考える

あなたは美容整形を笑えますか? 美人であるというだけで生きていくうえで得をする社会、ほんの少しのお金と痛みをひきかえに美貌が手に入れられるとしたら、身体や顔にメスを入れることも辞さない・・・そんな心意気が功を奏する場面もあれば、成功体験の沼にはまるリスクもある。オペについて考えてみました。

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女 LGBT 整形 美人 ブス 損得

 ど本命は堤真一さんですが、
星野源さんも可愛いなと思うミーハーな私です。
昔からスーツを着てポップスを歌う男に弱いのです。

 さて、ミーハーな私は星野源さん見たさに「箱入り息子の恋」という映画を観ました。とても良い映画だと思いました。黒木瞳さんは相変わらずキャラクターを完璧に理解して演じているし、
大杉漣さんと森山良子さんの喧嘩も見応えがありましたし、何よりびっくりしたのは平泉成さんの圧倒的な生活感。
出てくるだけでお話がぐっと現実味を帯びてリアルな感じが出てきます。
トイレから平泉さんが出てきただけで、何をしてたのかも含めニオイのようなものまで感じさせる。素晴らしい役者さんだと思います。

 で、肝心のお話ですが、35年間彼女無しで上昇志向ゼロの公務員が深窓の令嬢に恋をした。そして、その令嬢は盲目だったというお話です。
公務員を星野さん、令嬢を夏帆さんが演じられています。

 とてもキュンキュンくる甘酸っぱくも、リアルな感じもあって良い作品でした。
観終わったあと、これはフィクションとして美しくユニークで楽しいものだったけど、現実はどうなのかと思いを巡らせました。

 映画では夏帆さんという美人な女優さんが障害を持った役を演じられていました。
美人だから一目惚れされるのもわかりますし、美人だから障害があっても支えたくなるという気持ちに共感できたのです。
もしも主人公があまり美人でない障害の方だったら……
一目惚れもドラマも起こらなかったかもしれない。

そう思った時、やっぱり美醜というのは残酷だなと私は思ったのです。