結婚感度ゼロのアラサーが式場見学で干からびた/バリキャリ女子の結婚(2)

結婚式は、「恥ずか死イベント」?公開結婚式で泣きだす女たちと干からびた○○?アラサーバリキャリ女子の結婚までの心の変化をトイアンナさんが書き下ろし!今回は結婚式の式場探し編です!

結婚式、するの?しないの?

トイアンナ 結婚 プロポーズ バリキャリ アラサー 独身
Ally Mauro

 私は、人に注目されるのが苦手な方です。
だから、仕事ではハキハキとプレゼンできるのにプライベートでは人が苦手。石膏で作ったようなぎこちない笑顔しか作れないので、彼とのツーショットも5枚以下。友人の証言なしには本当に付き合っているか証明できない有様でした。

 そんな「人前苦手マン」にとって結婚式は強いて言うなら「恥ずか死イベント」。Facebookで屈託ない笑顔の花嫁を見る度に「こんな風に笑えたら・・・・・・」と病んだ羨望をぶつけていました。

 それでも結婚式をしようと思ったのは、既婚者の先輩がつぶやいた「結婚式で集まらなかったら、次に会うのは葬式だよ?」という恐ろしい一言でした。
確かに、卒業以来、友人で集まる機会がなくなったなあ。授業の後に連れ立って食べたラーメンの青春よ、もう一度。

 その代わり結婚式では、「注目される時間は最小限にしよう」と約束しました。ケーキカット、ブーケトスといった新郎新婦が中心になるイベントはなし。「みんな」で美味しくご飯を食べられればいい。多くの新郎新婦もそう思って式を企画するものだと思っていました。勘違いでした。