ついに結婚!バリキャリ女子の恋愛地獄はクローズするのか?

夜景の見えるレストランで、バラの花束の中にダイヤの指輪、そしてロマンチックにプロポーズ…なんて夢を見てはいられない!アラサーバリキャリ女子の結婚までの心の変化をトイアンナさんが書き下ろし!今回はプロポーズ編です!

アラサーの夢は夢だった

トイアンナ 結婚 プロポーズ バリキャリ アラサー 独身
Tim Simpson

 プロポーズといえば、女の夢。夜景の見えるレストランでバラの花束を受け取ると、中に小箱が。開いてみるときらめくダイヤの指輪。

「僕と結婚してください」

 なーーーーんて、総合職のアラサーは夢見ていられません。
ビルの夜景の一部として、オフィスの蛍光灯を夜遅くまで照らす日々。休日のカフェに入れば女子大生が「そろそろ結婚相手の候補見つけないとね!私たち、時間ないし!」と騒ぐのを尻目に会社のパソコンを開く。

 そんな人生の私にも、どうやら年貢の納め時は来たようです。プロポーズを、受けました。

 嘘です。受けませんでした。アラサーが夢を見てはいけませんでした。
思い起こせば大学3年生のころ、キャリアについて総合職志望の女子で話し合ったことがあります。その時の結論は「子どもを産む年齢でキャリアは変わる」でした。そして皆で約束したのです。「30歳までに役職になって、33歳で出産しよう!」と。

「そもそも、30歳までに役職つかないわ」と、自分の無能さや社会を責めても仕方がありません。役職は後でも手に入るけれど、出産はリミットがあるのだから!