Loading...

「私たちは恋愛をしていた」結婚後もときめくために実践していること

仲良し夫婦

恋愛と結婚って別物?

「恋愛と結婚は別物」なんてことを、いったい誰が初めに言い出したのでしょうか。恋愛をした相手と結婚に至ったものの、恋人同士のときにはうまく行っていたはずの関係が、悲しくも悪化することになってしまった、気の毒などこかの誰かが苦悩とともに捻りだした真理ではないかと思うのですが、確かに前回書いたように、恋愛相手に向いている男性と結婚に向いている男性は違う。だからある意味で別物であるというのは正しいとも思います。
ゆえに昨今の友情結婚だとか、性愛はさておいて、人生のパートナーとして相応しい人を選ぶといった風潮は決して間違ってはいないと思うのですが、さて問題は、わたしも含め、恋愛感情で突っ走って結婚してしまった人たちです。

いったいどうやって恋愛と結婚を両立させていけばいいのか。生活を共に送る中で恋愛感情が自然と家族愛にスライドできれば万々歳です。が、恋愛を続けたい意向を持ち、さらに「恋人気分でいたいのに、相手がもう自分のことを恋焦がれる対象として見てくれない」なんて不満を抱いている場合は、そのトキメキを満たすために外に“カレ”を作って補うこととなるでしょう。
もちろんそれはそれでひとつの手だけれど、外で補完したからといって、配偶者に対する不満がなくなるわけではない。むしろ、よその男性はきちんと自分のことを、女として評価して恋心を寄せてくれるのに、一番大切にしてくれるはずの配偶者からは蔑ろに扱われることに、日々自尊心が傷ついていくばかりです。

もちろん、恋愛やセックスを外注してイキイキと艶やかに輝いている妻もお見かけしますが、やっぱりその基本には「配偶者との関係が上手くいっている」ということがあるように思えるのです。というわけで、結婚後も恋愛が手放せない、配偶者との恋愛関係を継続させたいのならば、なんらかの工夫は必要ではないでしょうか。そこで今回は、結婚をしても恋愛を継続させたい派の夫とわたしが実践している方法をご紹介したいと思います。

前後の連載記事