Loading...

こだわりが消えていく出産後…それでも手放せないのが「セックス」だった

面倒くさくても、譲れない。

大泉りか 人妻は不倫の夢を見るか?

 年を取るごとに厄介になりつつあるのが、自分の「こだわり」の扱い方です。
好き嫌いから、物事のやり方・見方etc、自分でも「凝り固まっているなぁ」と呆れることも多々ありますし、そのこだわりのせいで、あえて面倒くさい選択をしたり、人と言い争いになったりと、自分でも持て余すことも少なくありません。

 例えば、わたしの場合は居酒屋チェーンのお通しです。
安いチェーン店のお通しって美味しくないんですよね。「ヒジキの煮物」や、「たこわさ」なんかが、ちょこっとずつ盛られた全然テンションのあがらない突き出しで300円。
それならば、枝豆でも単品注文したほうがずっとマシ。
ゆえにこだわりのひとつとして、わたしはチェーン店ではいつも、お通しをカットすることにしています。

 しかし困ったことに、某民ではそれが出来ないんです。
以前は粘ればカットもしくは『ウコンの力』にチェンジが可能だったのですが、いつの間にか「お通し代」の名目が「席料」に代わっていて、出てくる突き出しを食べても食べなくても300円加算されることになっている。
それに加えて某民では、ほかに個室料200円がチャージされます。
要するに座るだけで500円かかるんです。

 500円っていえば生ビール一杯頼んでも、余裕でおつりがくる値段です。ゆえに絶対に某民にはいかないことに決めています。
これがふたつ目のこだわりです。どうです? 正直、どうでもいいし面倒くさいですよね。うっかり「ここでいいんじゃない?」なんて某民に入ろうとしたら、ものすごい勢いで上のことを主張されるんですよ。
「同じ民ならあっちの民にしよう! あっちはお通しがカットできるし席料だってないし!」って。
そんなの「知らねーよ、うるせーよ」って感じじゃないですか。そもそも大人なんだから500円くらい払ったっていいんです。

 けど、わたしは格安チェーンのお通しだけは許せない。厄介です。

前後の連載記事