Loading...

悲しいトラウマでできた「心の沁み」の消し方/山田玲司の男子更衣室

 こんにちは、山田玲司です。今週生まれて初めて「ベルサイユのばら」を読みました。
もう「女による、女のための、女の物語」なんですね。
想像以上に渡る世間的なドロドロの世界で、女の意地とプライドの物語でもあるんですねえ。

 前回「勃たない男問題」にお答えしましたけど、そういえばルイ16世も、アントワネットを満足させられなかった男でしたね。
その「モヤモヤの解消」のために、アントワネットは「猛烈な浪費」に走って民衆を苦しめていたならば、「勃たない男」はやがて「暴動」を呼び、革命の炎を起こす大問題なのだな、アンドレ!
ところでアンドレはオスカルを満足させてあげられたのだろうか?アンドレ!パリは燃えているか?
なんだか色々混ざっているぞアンドレ!
関係ないけどフェルゼンって面白い顔してますよね。そんな事はどうでもいい?
ですね!

 しかし、70年代の漫画がまだまだ命を持って読み継がれているって素晴らしいですよね。
しつこいかもしれませんけど今月は15日に僕の新作漫画「スーパースーパーブルーハーツ」と、28日には、この男子更衣室の書籍版「「おそらく彼は「もう1度話し合おう(涙)」と来ます。でも実は「しばらくほっておいたら、どうにかなるだろ」と思っています。~山田玲司の男子更衣室~」が発売になるので、よろしくお願いします。

 それでは今週も行くぞアンドレ!私を愛しているか?!一生私ひとりと誓うかー?!!

昔されたいたずらで男性を信じられない
(匿名希望・26歳・東京都)

Q.
小学生の頃、一時期4つ上の兄に性的悪戯をされていたのと、偶然にも父親が脱衣所を盗撮していた決定的な証拠を見つけてしまった経験から、男性に対するモヤモヤが通常の女性より強い気がします。
進路や職業の関係で、男性ばかりの環境に長い間身を置いてきましたが、前述の経験もあって、腹を割って話せる男性の知人は一人もいません。
警戒度が強いため変な人がよってこないせいか、恋人には恵まれてきました。今は二人目の方と交際4年目です。
ただ、時々、心の底で、自分の相手も、兄や父と同様のタイプなのではないかと疑ってしまったりしてしまいます。
この考えを相手に告白したくなることがありますが、そうすれば相手は自分が不名誉な疑いをかけられたことで傷ついてしまいます。
他方で、自分の人生に集中して、時が経過すれば薄れると思っていた不信感が、なぜか衣類の染みのようにジワジワ広がっている気がしていて、この先の人間関係に悪影響を及ぼすのではないか心配です。
なぜあのような行為をしたのか、する男性としない男性の見分け方が解れば少しは楽になると思うのですが、このような疑問を身近な男性に打ち明けるのはやめといた方がいいでしょうか。

山田玲司 恋愛相談 男の本音 山田玲司

A.
うー。これは僕なんかが、軽々しく「わかります、大変でしたね」とは言えない話ですね。
どんな風に慰められても、笑えない「辛い記憶」だと思います。
それが子供の頃の事であればあるほど「拭い難い心の染み」になって、自分を苦しませ続けるのだと思います。

 身近な男性に話してしまって楽になれたらいいんですけど、これは相手を選びますよね。
今はこの事は、他人に(特に男には)言わないほうがいいんじゃなかなあと思います。
優しい男に当たればいいんだけど、中には貴方の辛い体験を「たいした事ない」と一蹴したり「俺のほうが大変だった」という話を始めるような「バカ男」がいますからね。

 確かに問題は「男たち」との関係ですよね。
あなたが傷ついたのは当然だし、「男はみんな最低だ」と思ってしまうのも当然です。
許せない間は、許さなくていいと思います。

 でもね……確かにそのままだと意識は「過去を向いたまま」になってしまって、先へ進めませんよね。

 もちろん貴方と同じような辛い体験をした女性は沢山いると思いますし、確かにそういう「最低な男」はいますけれど、僕の知る限りでは彼らは「少数」です。
「誰もが妹や娘に性的行為に及ぶ」と、いうような事はありません。
ほとんどの男は、どんな女性に対しても相手の気持ちを考えるし、自分のやっかいな欲望を封じ込めて、紳士的に振る舞おうとして頑張っているものです。

 DVだの性的虐待をしてくる「バカ男」の見分け方はあるか?と言われれば、確実なものはないと思います。
あえて言うなら「話をしてみる」しかないでしょう。
女を性的対象としてしか見ていない人は「自分の話ばかりする」とか「相手の身体の話ばかりする(おっぱい大きいね)」とか、大体は話していて「気持ちが悪くなる」人が多いと思います。
つまり「共感力」が低い人です。
「いい人を演じている悪い男」っていうのも、20代も半ばになれば直感で見抜けるようになっていくでしょう。

前後の連載記事