「ムシャクシャしてヤった」

アル

コラムを読んだ読者から反応をもらえるし、読者の子と会って話したりすることで、私自身が満たされた。「自分も少しは世の中の役に立ってるな」と思えたから。だから男と遊ぶよりも仕事の方が楽しい。

A

それは目からウロコですね…!今の仕事はやりたくないこともしなきゃいけないし、こんなことして何になるんだろう?と思うことも多いし。

アル

国連の仕事についたら変わりそう?

A

そうですね。いろんな国の現地の人と触れ合って、やりがいを感じられたら、満たされるかもしれません。うーん、その視点は無かったですね…。

アル

相談メールを読んだ時に、そうかもな?と思ったのよ。というのも、私も広告会社の仕事は外からはエキサイティングに見えただろうけど、全っっ然やりたいことじゃなかったから。

A

あははは(笑)

アル

その当時は「自分はこの仕事が好きだ」と洗脳してたけど。でも本音は全然好きじゃなかったし、世の中の役に立ってるとも思えなかった。そのストレスでビッチ化してたんだよね、「ムシャクシャしてヤった」みたいな。

A

わかります…!!!めちゃめちゃわかります。強力な発散な手段というか。

アル

ヤケ食いやヤケ買いみたいな、ヤケセックスだよね。一瞬はスッキリするけど後から罪悪感を抱くので、私は「闇の射精」と呼んでます。

A

闇の射精(笑)

アル

今はずっと家にいて地味だけど、やりたい仕事をして心が満たされてるから、セックスや肉体的刺激はいらない。

A

すばらしい…そうなりたい。今の仕事はキャリアを積むうえで「やっておくべき」ことであって、「やりたいか?」と聞かれると全然やりたくないですね。

アル

それが本心なんだろうね。イギリスで目標に向かって勉強したり、国連で働いたりしたら、心境は変わるんじゃないかな。それをむっちゃリアルに想像してみたら?

A

むっちゃリアルに想像してみます!悩みの根っこに「今はやりたくない仕事をしてるから」がある…その視点はなかったので、視野が開けてスッキリしました。

アル

悩みは解決?

A

まだあるんですけど(笑)

前後の連載記事