「水素水を飲めば寿命が延びる」と同じ錯覚

I:もう30なのに恋愛も仕事も「本当にこれでいいのか?」と悩み続けて、何ひとつ定まってなくて。いつまでも決められない自分をダメと思ってるから、苦しいんでしょうね。

アル:「自分が欲しいものは?」「パートナーの譲れない条件は?」と考えることは大事だけど、恋愛は相手のいる話で縁もタイミングもあるから、計画通りには行かないよね。
それに「これだ!」というものは、手に取ってみないとわからないし。

I:手に取ってみないとわからないって、いい言葉ですね…。

アル:私も夫と付き合って「欲しいものはこれだった」とわかったので。そうやって本当に欲しいものが手に入ると、スペックとか他のものはいらなかったと気づくんだよね。

I:それにはやっぱり、どんどん出会いを増やすしかないんですよね。

アル:山岡士郎が「ガイドブックを鵜呑みにしてありがたがるな、美味いか不味いか自分の舌で判断したらどうなんだ!」とキレてたけど、どういうラーメンを美味い・不味いと感じるかは、己の舌で味わってみないとわからない。男も同じで、食べてみて「この味だ!」とわかるんだと思う。

I:「33までは28」と考えると、33歳までは頑張ってラーメン食べようと思えます。

アル:女性読者の相談を読んでると「30までに結婚しなきゃ」と焦ってる子がほんとに多い。

I:私の周りも多いです。「今寂しくて彼氏がほしい」というより「将来が不安だから結婚したい」みたいな。

アル:タラレバとか、将来不安を煽るコンテンツも多いし。でも「結婚すれば不安がなくなる」というのは「水素水を飲めば寿命が延びる」と同じぐらい錯覚だから。一生、夫がリストラにもあわず心身ともに健康で浮気もDVもせず自分を愛し続ける、なんて保証はどこにもないわけで。

I:保証はないのに安定してない現状が辛くて、将来が不安でずっと悩んでるんです。

アル:まあ20代は悩むのが仕事みたいなもんだから。

I:ほんとですか?でも「今が一番いい時じゃない」とか言われるんですよ。一番いい時なのに、なんでこんなずっと悩んでるんだろうって。

アル:違う違う、それは肉体限定。年をとると肉体は衰えるけど…ヒザが痛いとか、ヒザが汚いとか(笑)。でも得るものの方が多いから、私は今が一番楽しいし生きやすいよ。

I:羨ましい!!そういう言葉を聞くと希望がもてます。

アル:「今が一番いい時」と呪いをかけるから「ババアになったら人生終わり」と若い子が強迫観念に苦しむんだよね。いまや人生90年なんだから「ババアになってからが本番」ぐらいに思ってた方がいい。

I:幸せなババアになるための秘訣はなんですか?

アル:やっぱり若い頃に悩んでもがいて乗り越えることじゃないかな。そういう経験を積むことで「自分にはダメな部分もあるけど、これでいいのだ」と、バカボンのパパ的な自己肯定が身につくんだと思う。

I:年をとると自分のアナルもデカくなりますか?

アル:デカくなるというか、ユルくなる(笑)

I:あはは!ガバガバじゃなくユルユル(笑)

アル:自分を許せると他人も許せるし、他人を許せると自分も許せるし、いい具合にユルくなっていくと思うよ。

I:私もユルユルを目指して、今はいっぱい悩んでもがきます!「33までは28」の呪文を唱えて、おせんべいの片割れを探すので、また報告させてください。

アル:はい、アナル小と大のその後も報告くださいね~!

Text/アルテイシア

次回は<擬態しめじ男に注意せよ!彼氏いない歴=年齢のバリキャリ処女にカウンセリング①>です。
アラサー処女でも恋愛できる!ことは確かですが、その恋愛経験の少なさからだまされていることに気づきづらいこともまた事実。バリキャリのSさん28歳は、社内恋愛の彼からいつまでたっても「付き合っている」確証を得ることができません。果たして彼女と向き合わない彼を選ぶことが正解なのでしょうか?

待望の電子書籍化!

入手困難となっていたアルテイシアさんのデビュー作が待ちに待った電子書籍化!

TOFUFUの連載でおなじみの旦那さま「59番」との出会いが綴られています。

「59番」と出会う以前の恋愛経験を綴ったこちらも電子書籍化!
あわせてチェック!

姉妹サイトTOFUFUでも連載中!

アルテイシアさんのデビュー作『59番目のプロポーズ』で結婚した“59番”さんとの結婚生活を綴ったコラム。
笑いのたえないアルテイシアさん夫婦の日常をどうぞ♪

書籍発売中!

新刊『オクテ女子のための恋愛基礎講座』発売中
自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決する一冊♪

前後の連載記事