未婚の自分が社会に認められていないように感じる・35歳会社員の悩み(前編)/ジェーン・スーの相談室

 ラジオやテレビ、コラムニストとして活躍し、ブログ「ジェーン・スーは日本人です。」で話題のジェーン・スーさんに AM読者の悩みをとことん聞いていただきました!
これまでの記事一覧はコチラ。

 9人目の相談者さんは、会社員の青山さんです。

青山さん(35歳)の悩み
「結婚自体はしたいがどうしたらいいかさっぱりわからない」

ジェーン・スー 恋愛相談 男女の友情 元カレ 友達 復縁
by NNelumba

ジェーン・スー(以下、J): よろしくおねがいします!
早速ですが、お悩みをお願いします。

青山さん(以下、青): スーさん、はじめまして! 簡単に自己紹介させていただきます。
35歳、未婚、彼氏と別れて約半年です。
悩みは、漠然としているのですが…結婚自体はしたいがどうしたらいいかさっぱりわからない、と。大きく言えばそんな感じなんです。

J: あはははは!

青: 笑われた!(笑)。
ちなみに、スーさん大ファンです!ラジオで知ってからもう虜です!
『わたプロ』も、もちろん拝読したんですが、スーさんのように未婚のプロにもなりきれないし、結婚のメドもたたないし、どうしたもんかと…。

J: なんで結婚したいのでしょうか?

青: 老後・孤独死の不安と、結婚してないとなんか欠陥があるんじゃないかと思われるのがいやです…。
たとえば、仕事でものすごく成功している女性を「(子どもが欲しいはずなのに)あいつは不幸だ」と、まわりの男性が揶揄しているのを聞くと、いくら仕事で成功しても、陰でそんなことを言われるのか…と。
そして何より恐ろしいことに、私自身もどこかで、そう揶揄している男性と同じように思ってしまっていることに気づいたんです。
まったく自分のことを差し置いてですし、とても不遜な話なのですが。だから自己嫌悪にも陥るし。