AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式

結婚するとできなくなること〜大きな買い物編〜

結婚にはメリットも山ほどありますが、その分デメリットがたくさんあるのも事実。特に家具など家族として夫婦2人で使用するものは、お互いの好みや使い心地を一致させるのは大変なようです…

結婚したら大きな買い物ができない?

中村綾花 AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式 フランス 純愛
kris krug

 まだ世間では、結婚は…「した方がよいもの」「親のためにするもの」「友人を見返すためにするもの」だと思われているふしがあると思います。でも私は実際、結婚は「2人のためにするもの」だと思っています。他の誰のためにものではありません。

 私は結婚がしたくて、したくて、1人で生きて行くのがいやで、結婚相手を世界中で探し、パリで相手を見つけて結婚。そんな私がなぜ「結婚するとできなくなること」をあえてお話しているかというと、結婚前に「結婚って大変よ」と話してくれる人が周りにいなかったからでしょう。

 結婚をしたくてしょうがなかった私には、既婚者から結婚のデメリットを聞いても「結婚できている人の愚痴」くらいにしか感じられませんでした。ところが実際結婚をしてみたら、案外デメリットも多くあることに気がついたのです。

 もちろん、結婚にはメリットも山ほどあります。ここで私が私の経験を通して話す「結婚するとできなくなること」は「結婚するとできること」の裏返しでもあるのです。また、毎度のことですが相手にもよるところがとても大きいです。あくまで私がパリで外国人の旦那さんと生活していて体験したことですので、参考程度にしながら結婚の一面を知ってもらえればなと思います。

 さて今週は、結婚すると「大きな買い物ができなくなる」ということです。
これを聞いて「結婚すると2人の経済力を合わせて、むしろ大きな買い物ができるようになるんじゃないの?」とお思いかもしれません。

 たしかに、結婚後は家具や家、車など、大きな買い物をするチャンスも資産も増えるかもしれません。ところが、そんな大きな買い物をするにあたって、2人の意見がうまいこと合致するか?というのが問題なんですね。