誰でも簡単!マッチングアプリで確実にイイ男を見分ける方法【完全保存版】

おすすめマッチングアプリのレポート記事画像

出会いの手段の1つとして、世の中に浸透しつつあるマッチングアプリ。
以前AMでは、マッチングアプリ「ワクワク」を使った体験記事をリリースしました。

▼「汚い居酒屋のもつ煮は最高だよね」赤羽で餃子デートしてきた/あたそ
▼マッチングアプリで出会った掘り出し物のイケメンとお茶してきた/凛乃子
▼【漫画】マッチングアプリで最高の男友達ができた理由【体験談】

紆余曲折があったものの、みなさん実際に良い出会いがありましたよね。
今回体験レポートを書いたお三方にお集まりいただき、ネットの情報だけではわからない「いい男・やばい男の見分け方」を聞いてみました。

あたそ
ライター。ワクワクで知り合った人と赤羽で餃子を食べた。

凛乃子
ライター。ワクワクで知り合った男性がバチェラーの久保さん似だった。

あさの☆ひかり
漫画家。ワクワクで知り合ったイケメンと飲み友達になった。

このプロフ写真の男にだけは会うな!

――マッチングアプリでお相手男性の「こいつはやばい!」「会うな!」といった写真やプロフィールって何かありますか?

私は、自宅で自撮りしてて、背景にタンスがあったり、部屋が散らかったりして、生活感溢れてる人が無理なので除外してます。

自分をアピールしなきゃいけない場なのに。客観的視点がないってことは人を喜ばせられない人なのかなって思うので。

おすすめマッチングアプリのレポート記事画像

え! なるほど、そこまで考えて見てるんですね!

自撮り自体はいいんですけどね。

私もイケメン狙いでいったんで、自撮りそのものは問題ないです。基本的にイケメンはナルシストなので。

私はそもそも写真載ってなくていいんです。話が合って楽しく食事できることが、一番大事だったので。

逆に嫌なのは、「友人たち数人と食事中に誰かが自然に撮りました」みたいな写真。
「これ絶対マッチングアプリ用に撮ったな」って思ってしまう。

わかるわかる!

背景に気配りできない写真も確かにモテなさそうだけど、もしかしたら「モテないけどめっちゃいいやつ」が紛れているんじゃないか、と(笑)。

ある意味掘り出し物の可能性もある。

そもそも食事の最中に、一緒に写真撮る文化が私にはないんですよ。言っちゃう時点で「無理だな」って思う。

確かに。ご飯の写真を第三者から撮ってもらうっていうのは、すでにネットで男性へのアドバイスとして必ず書かれてるんですよ。

友達もいるし、ナルシストじゃないっていうのがアピールできるから。

そもそもが計算だったとは…!そのタイプが嫌いな人は避けたほうがいいですね。

わたし、そんなの全然引っかかっちゃってましたね…。

▼明日から使えるマッチングアプリ テクニック:

プロフ写真が微妙でも、掘り出し物の可能性がある

「写真がど下手くそだけど、すげえ良いやつ」という掘り出し物もいるのがワクワクのいいところ。

掘り出し物の男に出会う方法