30代の婚活は“リセット力”が重要!あえてのモテテクで自意識をなくそう

婚活中の女性ならば実感しているかもしれませんが、出会いを増やすだけなら方法はいくらでもあります。問題は出会いが増えても、惹かれる男性がいないこと。経験を重ねて男性に求める条件が増えた30代女性が、改めて恋愛をする方法とは?

あざといモテテクを使う女性の画像by Min An

「このままじゃ一生結婚できない。ていうか、もう恋愛すらできないかも!」
周りの結婚&出産ブームを横目に、焦りがつのっておもむろにマッチングアプリに登録してみたけど、出てくる男性のプロフィールにげんなりしている女子のみなさん、こんにちは。恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

 いきなり具体的な萎えシーンを列挙してみましたが、最近はいろんな婚活サービスが充実し、出会いだけなら無限に増やせる時代になりました。
しかし、出会いの場がいくら増えようとも、なぜかそこには惹かれる男がいない。むしろ恋愛感情なんて1ミリも湧き上がらない。
行動しても先が見えない状況に、ある意味八方塞がりの絶望感を感じているオトナ女子が最近増えています。

 学生時代は、暇さえあれば恋の話をしていたはずなのに、あの時の勢いはどこへやら。自活力だけがぐんぐん伸び続けるオトナ世代の女性たちは、恋愛にどう向き合っていけばいいのでしょう。

恋愛に向きあう!

30代からの婚活がうまくいく“リセット力”

 社会も異性もよくわからなかった若かりし頃と今の私たちに違うこと。それは、圧倒的な知識量と経験値です。

 昔は顔がよかったらそれでよしだった理想の男性像も、経験を重ねるごとに「+優しさ」「+生活力」「+趣味が同じ」と条件がどんどん足されていき、キュンも湧き上がりにくくなります。
これにより失敗回避能力は高くなっているのですが、同時にリスクが取れない頭でっかち状態になっています。そうなると、行動を起こしたり深く相手を知ったりする前に、強制的にシャットアウトしてしまうのです。

 実は30代以降に恋愛や結婚でうまくいく女性には、こういった自分の中にある恋愛の思い込みを一度“リセット”することが重要になります。

 リセットといっても、別にその考えを無理やり引っ剥がす必要はありません。“試しにやってみる”くらいの感覚でOK。それによって、自分がこだわっていたルールや条件がいらない思い込みだった、自分を縛り付ける楔になっていた、なんて発見につながり、異性への向き合い方が変わることもあるのです。