• love
  • 2017.12.28

「人生も性愛も自分の欲望も、他人任せにしないこと」杉本彩さん川崎貴子さんが性と恋愛をぶっちゃけ

「iroha zen」発売記念イベント『iroha presents〜ぶっ茶け会談〜』に行ってきました!ゲストはなんと杉本彩さんと川崎貴子さん!豪華すぎるゲストがぶっちゃけ話を披露してくれました。参加者のぶっちゃけ人生相談も必見です。「大人の女は楽しい」と語るお二人の姿に励まされること間違いなしです。

杉本彩さん川崎貴子さん


 AMでもおなじみ、女性向けセルフプレジャー・アイテムブランド「iroha」から、茶せんをモチーフとした新商品「iroha zen」が発売されたことを記念して、12月15日に都内某所にて男子禁制のイベントが開催されました。

 ゲストはなんと杉本彩さん川崎貴子さん

 お二人と、会場に集まった一般女性約30人で、女性の恋愛や性にまつわる本音を語り合いました。

まずは杉本さん、川崎さんが“ぶっちゃけ”


『iroha presents〜ぶっ茶け会談〜』ということで、まずはゲストのお二人がぶっちゃけ話を披露。

 去年、乳がんが見つかり外科手術を行った川崎さんは、2週間前に「新しい乳首をつくりました!」とぶっちゃけ。
「胸のサイズは大きくしてないですよ(笑)」と会場を笑わせながらも、「先進国のなかで、日本の女性のがん検診率は異常に低い。みなさん、検診に行ってくださいね」と来場者に呼びかけました。

 2014年に立ち上げた動物愛護を訴える財団法人が忙しく、女性としての自分を置き去りにしていましたと語った杉本さん。
「来年50歳の節目なので、もう一度女性としてセンシュアルに生きねばと、そのことを夫と向き合って話したばかり」と、心のうちをぶっちゃけてくださいました。

大人の女最高!

杉本彩さん川崎貴子さん


 さらにお二人には「身も心も美しくなる秘訣」もぶっちゃけていただくことに。

 杉本さんは「難しい質問ですね」とおっしゃいながらも「若さにしがみつかないこと」とズバリと回答。

「巷にはアンチエイジングという言葉が溢れていますが、私は年齢をしっかりと受け入れていこうと思っています。若さは失われていくけれど、その分、別のものを吸収することができるんですね。若いときより、今の方が生きやすい。だから年齢を重ねることにネガティブな感情は抱いていません。この考えがベースにあることが大切なんじゃないかなと思うんです」

 これに川崎さんも「日本には若くて子どもっぽいことが美徳であるという意識がありますよね」と共感。「うちにも超若い女が二人いるんですけど(笑)」と、娘さんに接して感じたことを語ってくださいました。

「当たり前なんですが、人生経験がないので馬鹿だなと思うことがある。私も60歳や70歳の先輩からそう思われてる。でもそれは、年齢を重ねた分だけ学んで、大人の女になっているってことですよね。
私たち40代が“大人の女最高!楽しいよ!”って発信できたら、20代や30代の女性はもちろん、10代の子たちも大人の女性になることを楽しみにしてくれると思うんです」

「上司に抱かれかかってます」

杉本彩さん川崎貴子さん


 続いては、参加者からの「今年いちばんのぶっ茶け話」にお二人が回答。
まずは「既婚者である会社の上司に抱かれかかってます」という衝撃的なお話。

 こちらには川崎さんが「やっぱり、社内で二人きりにならないのが鉄則。それから、みんなで飲んでいるときに彼氏の相談をしている体で、のろけ話を言い続けましょう」とアドバイス。さらに、「そんな若い男、俺がいれば平気だ」と食い下がられた場合の対処法も伝授。

「自分の部下は自分が支配できると勘違いしている上司もいますからね。そんなときは、軽いメンヘラを装ってください。「私、好きになると夜中でも会いに行っちゃうんですよね〜」とか。妻子のいる家の前に、ぼーっとあなたが立っていることが想像できるように。ちょっとずつ怖みをまして、脅していくのが正しいお作法です

 杉本さんも「それはビビりますね(笑)」と爆笑しながら、「あなたをコントロールできるって勘違いを覚まさせてあげましょう」と賛同されていました。

「彼氏のM性が成長中」

杉本彩さん川崎貴子さん


 彼氏のMアピールがだんだん強くなってきたという参加者。「リバーシブルでいきたいので切り替えのコツをしりたい」という相談に、杉本さんが回答。

「コツというか、お互い読み合いながら、感じ合いながらベストな関係を探りあって自然と役割ができていくものなんです。
うちの場合、仕事では私が表に出て、彼は影でサポートに徹しているけど、家では真逆。それでバランスがとれています。けど、それぞれのカップルによってパターンは違うから。自分と相手が本当に心地いいところ見つけるのは、根気のいる作業ですよね」

 川崎さんは、そんな時と場によって変わる男女の関係を「ダンス」と表現。

「仕事では私が上にいきたい、家庭では下にいきたいというような、片方が左足出したら、片方がそれを避けてくれる、そんな出来レースじゃないけど予定調和を踊っている感じなのが結婚生活。そこが合うようになったら、長く関係を続けられるんじゃないでしょうか」

 そしてお二人とも、「自分が本当にやりたいことを開示できる強さが素敵」「求めていることを彼女や奥さんに言えない人は不幸だと思う」とM性を明かしてくれた彼を絶賛。

 お二人の言葉を受け、相談者も「彼との同棲に踏み切ってみようと思います」と前向きな決断を下すことができました。

セックスを楽しむには?

杉本彩さん川崎貴子さん


 最後は、「セックス中の羞恥心を、どうしたらなくせるのか」という相談。

 杉本さんは「身も心も任せる行為だから、誰とでもできるわけじゃないと思うんです」と、信頼できるお相手とすることが大切とアドバイス。

 川崎さんは、自己肯定感のなさ、自己評価の低さがカギかもしれないと分析。

「私のところへ相談にくる、若くてきれいな女性ほど、自己肯定感がないんですね。“本当の自分を見せたら、私なんて嫌われる”とか。だから職場やSNSだけでなく、ベッドの上でも完璧にしなきゃと思っちゃう。でも、それってとっても不幸なこと。もっとご自身を認めてあげて、自分の欲望に自覚的になってほしい。
まずは、自己肯定感、自己評価は訓練で高めていきましょう

 そんなエールをおくったところで、杉本さんが「私も若いころは、自己肯定が非常に苦手なタイプだったんです」と爆弾発言。

「これまでの経験、信頼できる人との出会い、あとは物事に真剣に向き合ったことで得られた自信みたいなもので、少しずつ自分を肯定できるようになりました。そうすると、人生の軸が“他人からどう思われるか”ではなく、“自分はどうしたいのか”に変わるんです。この変化は自分にとって、とても必要なことだったなって感じています」

「人生も性愛も自分の欲望も、他人任せにしないこと」というお二人からのアドバイスに、みなさん大きく頷いていました。

イベント終了後にはお土産も

杉本彩さん川崎貴子さん


 イベント終了後には、来場者へのお土産として「iroha zen」が配られました。
しかも、3色!紙袋を覗きながら挿れる穴はひとつなのに…と思っていたら、TENGAスタッフから「お友達へのプレゼントにどうぞ。使用感をお互い語り合ってください」という小粋なアドバイスが!
「性の話もぶっちゃけていこう」というイベントのコンセプトにぴったりなお土産。
心も身体も満たされる、とても楽しいイベントとなりました。

今月の特集

AMのこぼれ話