婚活を中断するのがこわい。何もせず無為な時間を過ごして大丈夫なの?

by Dan Burton

親愛なるAM読者にみなさま、ごきげんよう。ものすごい愛です。

今シーズンはもはや雪害と言っていいレベルの大雪に見舞われた北海道も、ようやく春めいてきました。
すっかり雪は解けて歩きやすくなり、連日のポカポカ陽気に冬用のダウンともおさらばです。
先日住宅街を歩いていると、小学生くらいの女の子が脱いだ上着を高く掲げて「春がきたーーー!!!」と駆け抜けていく姿を見かけました。
「春ってこうやって始まるんだな」と、彼女自身がまるで春の訪れを教えてくれたようです。

前回の記事では、薬剤師を辞めたいけれど努力して国家資格を取得したこともあり、別の職種に就く自信がない女性からの相談でした。
国家資格は、「使い続けなくちゃいけないもの」ではなく「好きなようにつかっていいもの」という人生のお守りのような認識でいいのではないでしょうか。 
キャリアを気にしてそれに縛られるよりも、職種に囚われずに自分自身が健やかに生きられる選択をしてほしいと思います。

10年続けた婚活を休む覚悟がない

【相談】
もう10年以上、婚活をしています。 婚活パーティー、マッチングアプリなどありとあらゆる婚活は試し、最近は結婚相談所にも入りましたが今のところまったく成果は出ていません。もちろんダイエットなど、できる限りの自分磨きもしています。 そんなタイミングで、家庭の事情で数ヶ月後、遠くに移住することになりました。この数ヶ月間を、どう過ごしたらいいんだろうともやもやしているんです。

今住んでいる場所で、もしいい人が見つかっても数ヶ月後には移住のため離れなくてはいけない。かと言って数ヶ月何もしない間に私は歳を重ねてしまうという恐怖もある。マッチングアプリなどで移住先の人を探す手もありますが、いつかは地元に戻ってきたいという気持ち、そして移住するのが数ヶ月後という中途半端さもあり踏み切れません。一生懸命10年も活動して何もなかったのに、数ヶ月くらい、とは思えず無為に過ごすことにすごく抵抗があります。じゃあ何をするのが一番自分が納得できるのか?が自分でもわかりません。よかったらアドバイスいただきたいです。(40歳)

わたしの周りにもマッチングアプリで婚活をしている友達が何人かいるのですが、彼女たちからは「婚活、思ってた以上にしんどい」といった話をよく聞きます。
年齢的にもそれなりに責任を求められる立場になった今、毎日仕事でクタクタになって帰ってきたところに「疲れた……でも返事はしなくちゃ……」と必要に駆られてメッセージの内容に頭を悩ませたり。
家でひとりのんびり過ごす、もしくは気の置けない友達と遊んでリフレッシュしたいたまの休日も、初対面の人と会って気疲れしたり。
素敵な人と出会えても上手くいかないことも多く、時には「自分ってダメなのかな」と落ち込んだり。

一定期間努力をすれば成果が出るとわかっているのなら「よし! 今だけ力入れて頑張るか!」と思えるものの、結婚できるという確証がないのが婚活の厄介なところ。
モチベーションを保ちつつ継続するというのは、なかなか骨の折れることだと思います。
だからこそ、あなたは「一度婚活を休んでしまうと、もう頑張る気力がわかないかも……」と不安に思っているように感じたのですが、いかがでしょうか。
すでに日常の一部として組み込まれていること、それも決して楽しいことばかりではない、なんならしんどいとすら感じていることを一度辞めてしまうのは、きっと勇気のいることでしょう。