【漫画】「俺としない?」たとえ傷ついてもシていい?/もしも世界に「レンアイ」がなかったら(8)

前回までのお話)子供もみんなで協力し合い育て、男女の嫉妬もなく仲良く平和に暮らす恋愛の存在しない世界。恋をする少数派の「レンアイ」である乙葉は好きな人・太一の家で起きたことを話すために紘香の元へ。そこで出会ったのは新しい仲間だった。

傷つくレンアイ

前後の連載記事