夜道で歩きスマホしてませんか?快適なおひとりさまライフのための防犯意識

物騒な事件が相次いでいる昨今。優雅で気ままなおひとりさま暮らしを安心して送るためにも、今一度防犯に対する意識を高めておきたいもの。
そこで今回は、日常に潜む危険と対策について、お話していきたいと思います。
日ごろの行動を振り返り、自分の身を守るためにできることを再確認してみてくださいね。

外出時

千葉こころ おひとりさま 防犯 一人暮らし 身の安全 犯罪 夜道 スマホ Wi-Fi 人間関係 交友関係 家族 自宅 セキュリティ パソコン ©Jonathan Mueller

【出勤コースを不定期に変える】
仕事などで毎日決まった時間に決まったコースを通るという人も多いはず。でも犯罪者にしてみれば、あなたの生活パターンを知り、待ち伏せしやすい環境なんです。少し遠回りでも違う経路を通る、電車通勤であれば乗る時間や車両を変えるなど、変化をつけましょう。特に帰り道は家の場所を突き止められる可能性もあるので、立ち寄るコンビニを変えるなどの工夫も忘れずに。

【スマホは通話のみ】
 駅や道でスマホをいじりながら歩いていると周囲への意識が薄れ、後をつけられていても気づけません。犯罪者にとって好都合の条件を与えてしまいます。特に人通りの少ない道では背後の気配や足音にも意識を向け、ときおり振り返って確認する習慣をつけましょう。なお、暗い夜道では誰か(できれば男性)と会話をしながら歩いたほうが、犯罪者に襲わせる隙を与えずに済みます。

   

【ロックのないフリーWi-Fiは使用しない】
 カフェなど公共の場でも接続しやすいWi-Fiですが、ロックのないフリーWi-Fiはアカウントの乗っ取りやデータの抜き取りなどの危険をはらんでいることがあるので、使用しないようにしましょう。離れたところからスマホを操作されて会話を盗み聞きされたり、カメラ機能で覗かれたり、内部データを盗まれたりする可能性もあります。自分では気づきにくいという恐ろしい一面も。