Loading...

いつもより早起きをした朝にはうっとりする美しさのトーストモーニングを

旅先でのモーニングの楽しみ

名古屋の純喫茶「KAKO 花車店」

皆さんは早起きは得意でしょうか?仕事など何か用事がある場合はやむを得ないですが、私はできるだけ休みの日はゆっくり寝ていたいというのが本音です。
しかし、旅先では純喫茶で頂く個性豊かなモーニングが楽しみで、いつもより早く目を覚ますこともしばしば。
焦げ目の美しい厚切りのトースト、みずみずしいサラダ、半熟のゆで卵や丁寧に焼かれたベーコン、体にしみわたる熱々の珈琲。想像するだけで翌朝が楽しみに。
店によって提供されるメニューは様々なので食べ比べるのも楽しいものです。

そしてモーニングといえば、珈琲一杯で驚くほどのサービスが豊富な名古屋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
そんな中から今回は運ばれてきた時に思わず感嘆の声が出てしまう美しいトーストモーニングを食べられる純喫茶を紹介します。

名古屋の純喫茶「KAKO 花車店」

名古屋駅から徒歩数分、かつて花車町と呼ばれた地域でとても人気の店「KAKO 花車店」
こちらは名古屋で初めて自家焙煎コーヒーを始めたお店だそうです。
熱々のうちに頂くと強い苦味を感じますが、冷めるとやわらかい味になり最後まで美味しく頂ける珈琲はさすが。

ぐるりと見渡すと、アーチ型の天井、重ねてきた年月を感じさせる艶のあるテーブル、窓のステンドグラス等、こぢんまりとした店内の中にたくさんのこだわりを見つけることが出来ます。

名古屋の純喫茶「KAKO 花車店」

目移りしてしまう豊富なメニューの中から是非ご注文頂きたいのは「シャンティー ルージュ スペシャル」
四分割されたトーストにバターが塗られ、その上には餡、生クリーム、コンフィチュールがのせられています。
コンフィチュールは季節の果物を使用しているので都度変わるそう。
丁寧に手作りされていて購入することも可能で餡がのっているところに名古屋の喫茶文化を感じることが出来て嬉しくなります。
一切れ毎に違う味を楽しめるところが魅力的。
営業時間内なら注文可能ですが、モーニングの時間帯の価格がとてもお得です。

名古屋にお住まいの方、これから旅で行く予定のある方、美しいモーニングを食べて気持ちを整えてからお出掛けするのはいかがでしょうか?

Text/難波里奈

※2016年3月4日に「SOLO」で掲載しました

『純喫茶、あの味』の書影 難波里奈『純喫茶、あの味』

難波さんの新刊『純喫茶、あの味』に興味がある方はこちらから!

前後の連載記事