訪れた全ての純喫茶には思い入れがある

新中野の純喫茶「エイト」の画像

この店が私にとって生涯忘れられなくなった理由というのは、2016年秋に発売した雑誌『CREA」(11月号)の「喫茶店とコーヒーがそこにある幸せ」で、さいとう先生とクリープハイプ・尾崎世界観さんとの鼎談の場所だったからです。

さいとう先生もお気に入りというこの空間で、大好きなお二人を前に緊張やら焦りやらであふれそうだった私を、ママはにこやかにそっと見守って下さり、無事楽しいひと時を終えることが出来たのです。
訪れた全ての純喫茶には思い入れがあって大好きですが、特に印象的な時間を過ごした「エイト」をこれからも思い出しては幸せな気持ちになるのでしょう。

「エイト」の落ち着いた空間で、仲の良い誰かととっておきの純喫茶についての話に花を咲かせるのはいかがでしょうか?

Text/難波里奈

『純喫茶、あの味』の書影 難波里奈『純喫茶、あの味』

難波さんの新刊『純喫茶、あの味』に興味がある方はこちらから!

※2018年2月16日に「SOLO」で掲載しました

前後の連載記事