え、2ヶ月後にまた行くの?わたしが美容院を大嫌いなわけ

美容院が大嫌いだ

美容室に行きたくなくて悩む女性 by Element5 Digital

土曜日にようやっと髪を切ってきた。 さんざん申し上げているようで恐縮なのだけれど、私は美容院という存在が大嫌いで、なるべく近寄らず、髪を切らずに生きていけたらいいのに、と今のところは思っている。

つい先日までは胸が隠れる程度のロングヘアーだったのだけれど、10センチほどカットをし、パーマをかけた。ここでなぜパーマをかけるのかというと、多少の寝ぐせもごまかせる気がするからだ! そして、長い間髪を切らなくても不潔な印象にならず、なんとなく恰好がつく気がするからだ!

施術中は、まあ辛かった。私の周りを覆う鏡。そこに映っているのは、インスタ映えとは無縁の自分の地味な顔。美容師に話しかけられたくないがためにひとつの対策として持参した小説を読んでいるにも関わらず、話しかけてくるお洒落偏差値86くらいの美容師。総計2時間半くらい座り続けることにより、微妙に痛み出す腰。
しかし、私はやり切った! さまざまな困難を乗り越えた私の髪はさっぱりしている。頭も軽くなったし、指先も髪の間をするする通る。なんとなく見た目もマシになった……ような気がしなくもない。まあ次の日、普通にお風呂に入ってドライヤーで乾かせば、いつもの冴えない自分に戻ってしまうのだけれど。

今回はたくさんの人からおすすめの美容院を教えていただき、もうどこがいいのかわからなくなって結局自分の家から一番近いところに行くことにした。
美容院、本当にどこがいいのかわからない。そもそも、自分のなかでの評価基準が不明瞭だというのもあるけれど、どんな人が髪を切ってくれるのかもわからないし、店舗数が多すぎる。一説によるとコンビニよりも数が多いらしく、5分も歩けば1、2軒あるような気がする。
コンビニならば、いい。何か買いたいものがあったとき、気軽に立ち寄ればいいだけだ。セブン限定のイチゴ味のしろくまアイスが食べたくなったらセブンに行けばいいし、ファミチキが食べたくなったらファミリーマートに行けばいい。
しかし、美容院。美容院は……なんの基準で探せばいいのだろう……「カットがうまい人」と言えど、向こうはプロだ。ほとんどの人はカットがうまいはず。
では一体、何を基準にすれば……うーん……わからない。