Loading...

イケメンが好きだし面食いの自覚もある。そこから恋愛感情は生まれるのか?

「顔が好き」は恋愛感情と結びつくか?

イケメン男性と食事する画像 bruce mars

突然ですが、皆さんはイケメンがお好きでしょうか?

念のために説明をしておくと、「イケメン」とは顔のいい男性のことだ。
「イケメンが好きか?」と尋ねられたら、大半の人が首を縦に振るだろう。「一緒にいると、自己嫌悪に陥っちゃうから……」とか「付き合うとプレッシャーに感じるから……」とかはナシな! な~~に好かれることが前提で話が進んどのじゃ! こっちは、観賞用、愛でる対象、目の保養、自然の生み出した芸術作品として好きかどうか聞いとるんじゃ! 
ということで、この世に存在するほぼ全人類はイケメンが好きだと私は思っている。

言うまでもないけれど、もちろん私も大好きだ。最高。尊い。一度拝ませて欲しい。しかし、この「顔が好き」という感情が、恋愛感情と直接的に結びつくかどうかというと微妙なところである。
たしかに、顔がいいと、第一印象がいい。人が他者に好意を抱くかどうかは、ほとんど第一印象で決まるとも聞いたことがある。顔がいいということは清潔感もある程度担保されるし、どんなファッションだって似合う。見た目に気を遣っていなくても、ある程度の印象をよくすることができる。でも、はじめて会って話をして、そのまま抱いた印象のままストレートに好きになれたら単純で楽しく生きていけそうなのに、案外そうでもなかったりするので難しい。
恋愛ってなんだ? 人を好きになるってなんだ? 私だけが、今だにわからない気がしている。

以前の勤めていた会社の取引先に誰がどう見ても顔のいい人がいて、たまに一緒に食事をする仲にもなった。私が転職をするときも心から残念がってくれ、業種・業界もまったく違うのに気にかけてくれ、相談に乗ってくれたりもする。
はじめて見たとき、ア~はいはい、顔がいい。おまけに性格もいいし、仕事もできるときた。最高。顔がいい男と仕事をすると直視し続けていても罪に問われない。ありがとう、彼の両親。同じ時代に生きることができて、まじサンキューな! という感じだったので、連絡先を聞かれ、さらに食事に誘われたときはめちゃくちゃにテンションが上がった。しかも、予約してくれた店はちょっと高めの地中海レストランだったし、「転職祝いなので」という名目で奢っていただいたときには心のなかでは泣きながらスタンディングオベーションをした。
店とか奢りとか大きなこだわりはないんですけど、その気持ちがさ! やっぱりさ!! うれしいじゃん!!! たまにしかないイベントなので、素直に喜んだ。

前後の連載記事