RPGの主人公のように無敵な旅をする限り、これからなんだってできる気がする

「なんとなく」で行く一人旅があなたの人生を劇的に変えてしまうかもしれません。

決定的な理由はない。自分の生活に変革を起こしたもの

森の中を歩く女性の画像 by Micah. H

 周囲の人と同じような生活をし、一段一段、階段を上るように人生のステージをクリアしてきたはずでした。しかし、ある日突然、何かに熱中しすぎてしまい、自分の生き方そのものをぶち壊してしまう人がいる。私もまさしく趣味によって人生を破壊してきたうちの一人で、自分の生活に少しずつ変革を与えてくれたのが、一人旅でした。

 当時、国外にすら出たことのなかった私。頭の中にあった「大学生になったら、なんとなく友達と海外旅行に行く」いう考えから、大学でできた友人と4人で向かった韓国。その後、「カレー好きだし楽しそうな国だから」とろくに調べもしないで初めて一人で訪れたインド。そして、「今行きたいと思ったから」と“新卒”の称号を蹴って、20か国ほどを周った約9ヶ月間。
今思い返すと、これだけ旅行に人生を振り回されているのに、決定的な理由なんて一つもないんですよね。ただ「なんとなく行ってみたいから」という気持ちが強かったのと、後先考えない性格が上手く働いた結果なんじゃないかな、なんて思います。馬鹿なんですよ。今は会社員として働いていますけど、就職できていなかったらどうしていたんでしょうね。考えるだけで怖い……。

 先日もゴールデンウィークを使って1週間ほどキューバに行ってきたのですが、フライトチケットの確保、宿の予約、スケジューリングなど、全て自分で行い、キューバの公用語・スペイン語も話せぬまま、「なんとかなるだろう」と思いつつ向かいました。
キューバに決めた理由も「なんとなく、行ってみたかったから」。現役で走っているクラシックカーが見たかったからとか、モヒート飲みたいとか、なんでもない動機ばかりが浮かんでいましたが、たまたまスケジュールにぴったりハマる航空券が手に入ったため、後先考えずに急いで購入してしまっただけでした。