Loading...

恋愛の始め方は「好き」ということ

寝てたらなんか顔がかゆいな~!
と思ったら、顔の上をゲジゲジが歩いてた・・・。

という愛子です。

たぶんそれは換気扇に鳥が巣を作って
雛がかえってえさを運んでいるから、
逃げてきたゲジゲジではないかと。

朝6時から激しく鳴いて目が覚めることがあるんだけど、
それにしても鳥さんは勤勉だ。

雛たちは親鳥がくるたびに激しくチュンチュン鳴くので、
どれくらいの間隔でえさをもって帰ってくるのかわかる。
それはそれはしょっちゅうで感心します。

それに親がきたときに、雛たちはものすごい激しく
チュンチュン鳴いてPRします。我先にと・・・。
シンプルだな~!と感心します。

人間もこれくらいシンプルにいこうよ!!

わたしは基本的に先のことはあまり考えていない。
“今”を基準に判断することにしている。

それでたまにトラブルんだけど・・・。

最近10年以上ぶりに、大学時代に私のことが
大好きだった人と再会した。

当時は私は彼に興味がもてなかったんだけど、
久々に会ってみると彼はイイ男になっていた。

(たぶん彼は変わってなくて、私の“イイ男の基準”
が変わっただけだと思うんだけど)

でも彼は妻子ある身。
5年前に結婚したらしい。

でも私は素直に今の気持ちを彼に伝えた。

未来なんてまったく考えてない。
ただ今伝えないとと思ったから。

だって明日死ぬかもしれないのに、
伝えられなくて後悔して死にたくないやん。

それに明日は白馬に乗った王子様がくるかもだから、
もう同じ重さの気持ちかどうかなんてわからない。

結果、彼は10年越しに愛が復活して
盛り上がってしまった・・・。

わたしは完全にやっかいな奴。
自己チュー極まりない。

でも恋愛ってそんなもんやん。

好きって思ったときに好きってコトバで言う。

最近アラサーの人から、
「恋愛の始め方がわからない」という人がいるけど、
恋愛の始め方はシンプルに、
「好きっていう」こと!

「好き、な気がする」
「今この瞬間、好きって思った」
というファジーな言い方でもいいと思う。

『えさ、くれ~』
『好き、だよ』

シンプルでいこうよ!!
と鳥さんに思い出させてもらった春でした。

チュンチュン☆

前後の連載記事