• sex
  • 2012.06.08

日本の女性に伝えたい「セックス観」があります。

Farm bed By alittlething

 「セックス」という言葉から彷彿されるもの。それは、人それぞれ。 愛しのパートナーがすぐさま思い浮かぶ人もいれば、“緊張”という自分の精神状態を想像する人もいるでしょう。そして、「セックス」を恥ずかしいと捉えている人も――。 セックス観は、あなたが今まであらゆるところから得た「情報」と「経験」からつくられています。
私は、2007年からラブライフアドバイザー(※下記にプロフィール有)として活動をし、1500人以上もの女性のセックス観に触れてきました。その中で気がついたことは大きくふたつ。「セックスに対してきちんと学んだことがない」&「自分自身が一体どのようなセックスコミュニケーションを欲していることすらわからない」という女性が多いということでした。そう、「セックス」と真剣に向き合うことのないまま、大人になってしまった人がほとんどなのです。

 私は、そんな大人の女性に向けて、「女性のためのセックス」をAMで提案したいと考えています。具体的には、あなたが持つ身体の能力「五感(嗅覚、味覚、視覚、聴覚、触覚)」から「セックス」を紐解いていきます。現在数多くのメディアで取り上げられている、男性を喜ばせるだけのセックステクニックや恋愛におけるラブゲーム、いわゆる、恋愛の入り口で成功するためのアドバイスだけに特化した内容ではありません。 女性を主体とし、心とカラダが十分に満たされ、パートナーとも良好なコミュニケーションがとれる方法を伝えていきたいと思っています。そうすることであなたが毎日ごきげんに過ごせ、さらに人生のクオリティーをも上げることができると考えているからです。  これから始まる全16回のコラム。お伝えしていく内容は、一生使える知識となることをお約束します。最近では、“新しい形の花嫁道具”としても注目され始めているほどです。難しい情報は一切なし! “その日からすぐに実践できる”をモットーにやさしく丁寧にお伝えていきます。

 恋も仕事も頑張る女性たちへ。毎週金曜日更新です。
次回の『絶世の美女たちからは良い匂いがした!?愛する男を虜にする魅惑の香り』をどうぞお楽しみに。


Text/OLIVIA

 

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話