• sex
  • 2015.01.03

クレバーヤリチンとポジマンが日本を変える!/アルテイシアVSファーレンハイト(2)

AMでも大人気連載中のアルテイシアさんと、脱力系ヤリチン恋愛コラムニスト・ファーレンハイトさんのガチンコ対談!脳みそがちんぽ、クレチンなどなど、名言が飛び出します!ヤリチンに対する女の本音、男の本音に目が離せません!

『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が話題の作家アルテイシアさんと、脱力系ヤリチン恋愛コラムニスト・ファーレンハイトさんの対談。
「男の本音、女の本音」について、ガチでトークバトルしてもらいました!
第1回もあわせてご覧ください。


いいヤリマン、悪いヤリマン


AM アルテイシア ファーレンハイト ヤリチン ヤリマン

アルテイシアさん(以下、敬称略):騙すヤリチンは、実力がないから騙すんだよね。「本気で好きだ、付き合おう」と嘘つかないとヤレないから。

ファーレンハイトさん(以下、敬称略):そう、いわゆる色恋営業、「好きだ」「付きあおう」とか言うのは実力不足だから。自分の魅力で女の子を圧倒できないからじゃないですか?「ちゃんと付き合ってくれる」って線で女の子の気持ちを引っ張るしかできないから、騙す。

 でも騙さなくても女の子を落とせるって経験を積むと「後味もいいし、こっち路線でいこう」となる。良心があればだんだんそっちになっていくんじゃないんですかね?

アル:そんな風に世のヤリチンがクレチンになったら、傷つく女の子は減るから。「一夜の夢をありがとう」と女子に感謝されるようなクレチンになってほしい。

――いいヤリマン、悪いヤリマンはありますか?

ファー:ヤリチン的には皆等しくいい子ですけどね(笑)。クズ的な言い方をするとさせてもらえるからありがたい存在ですよ。

アル:性病じゃなければね(笑)。
私は幸せなヤリマンと不幸なヤリマンがいると思う。幸せなヤリマン、ポジマンはセックス自体を楽しんでる子。
女友達でも「セックスは南米系に限る」って主義で、ルイスとかホセとばかりとヤッてた子がいる。

――やっぱり南米系はいいんですか?

アル:駅弁のまま部屋を歩き回るらしいよ。

ファー:すげーパワフル!(笑)。

アル:そういうパワープレイもできるし、「愛してるよ」的なスイートなトークや前戯もできて、トータルで満足度が高いらしい。
結局、彼女が結婚したのは公家顔の草食系男子だったけど。「やっぱり住むなら畳の家」って感じで(笑)。巣作りはそっちを選んだけど、セックスはホセとかルイスとヤリまくって「超楽しかった!!」っていう。

――そういう女子は幸せそうだし、満足してさくっとヤリマンを卒業する人も多いですよね。

アル:そうだね。ポジマンはセックスに精神的な意味をおいてないから。
逆にネガマンはセックスで何かを埋めようとする…自己承認とか寂しさとか。でも埋まらなくて、どんどんネガティブな方向にいってしまう。
でもポジマンがネガマンに転落することもあれば、ネガマンがポジマンになることもあるよね?

ファー:それって全然わからない。そういうこともあるんですか?

アル:状況だと思う。彼氏がいて安定した巣がある時はポジマンでいられるけど、彼氏と別れて巣がなくなるとネガマンに転落、みたいな。

ファー:なるほど、ちょっとわかった気がしますね。

アル:最初はネガマンだったけど、セックスを重ねるうちに自信がついたり、セックスの楽しさを知ってポジマンにいくってパターンもある。
ご自身が出会ってきたヤリマンはどうですか?

ファー:いいヤリマンは僕、ポジティブヤリマン子ちゃんって呼んでるんですけど。

アル:ポジマンでええやない(笑)。

ファー:ではポジマンで(笑)。
彼女たちは純粋にセックスが好きで、自尊心も自分で持っていたり、もしくは彼氏との関係で作ってるんですよね。ある意味、僕とかは余りなんですよ。だからあれこれ求めてこないし。

アル:そう、ようはお米じゃなくオヤツなの。ちゃんとお米を確保してるから、ガツガツせずにすむ。でもお米を確保できなくなったら「うがー!オヤツーーー!!」となる(笑)。

ファー:そんな風に自分の基盤を作れていたら、良いか悪いかはともかく、彼氏がいた上で他の男と健全にヤリまくれるんでしょうね。

 単純に楽しいことが好きっていうのは健康的じゃないですか。例えばダーツ好きとかと同じで、俺からすると趣味の一つで変わらないんですよ。それはすごくいいヤリマンだと思うし、俺らからすると、どんどんそういうポジマンが世に出てきてほしいですね(笑)。

「イカされるんじゃなくイク」主体的なセックス


アル:うーん、まあネガマンは見ていて辛いからね。
『官能女子養成講座』にも「ヤラれるんじゃなくヤル」「イカされるんじゃなくイク」と書いたけど、やっぱり主体性だと思う。 男に「ヤッてもらう」「ヤラれる」って受け身な姿勢で自己承認や寂しさを埋めるんじゃなく、本当に自分がヤリたくてヤッてると、ポジマンになっていける。

ファー:そこを掘り下げたいですよね。すごくいいテーマだなと思っていて。

 俺がヤリチン活動してた頃に思っていたのは「男はヤッてるんじゃない、ヤラせてもらってる」って思いを持たなくてはいけないと。ヤラせてもらうって感覚さえあれば、詐欺ってまでヤルって発想にならないし。

 女の子は自分がヤリたいからヤル、男が美味しく頂かれちゃうってノリになれば、すごく健康的だと思うんですけど…なんでそういう世相にならないんだろうって思う。
こういう話をすると、男目線から都合のいいこと言いやがってとか、女の子はリスクがあるからって叩かれちゃうけど。

アル:それは、オープンにすると本命に選ばれないからだよ。
だって自分の彼女が奔放だったらイヤなんでしょ?彼氏はいるけど他でどんどん遊ぶってなったら。

ファー:そりゃイヤに決まってますよ(笑)。

アル:こういうの聞くと「自分を棚に上げるな」と心から思うけど(笑)。

ファー:(苦笑)。

アル:男社会でヤリチンは勝ち組扱いされるけど、ヤリマンは公衆便所扱いされるでしょ?
だから賢いクレマンは「何人とヤッてさ~」と武勇伝を語ったりせず、こっそり活動している。

ファー:なるほど、可視化されてないんですね。

アル:そう。隠密活動しつつ、女友達の間だけで「こんな男とヤッてさ~」とネタにして笑うんです(笑)。

好奇心タイプのポジマン


ファー:今の話はパートナーがいる前提の話ですが、恋人がいないフラットな状態でもありえると思っていて。

アル:数的には少ないけどね。

ファー:そう、少ないじゃないですか。そういう子が増えた方がみんな生きやすいと思うし、いい恋愛ができる量も増えると思うんですよ。なんでそうならないのかなって。

アル:男に比べると割り切ってセックスを楽しめる女は少なくて、気持ちが入ってしまう子が多いから。

ファー:あーそこか。まあ俺が知ってる女子は「情はわかない」って子が結構いますけど…。
それも彼氏がいるからこそ、いい感じの距離感で、かつ適度な愛情を両立させて接せられる子が多いのかも。これはすごくきわどいバランスの上に成り立つ関係ですよね。

アル:女友達で生粋のポジマンは、そもそも男が好きじゃない。
「精神的な繋がりは女子に求めて、男はセックスだけ楽しめればいい」って主義で、彼氏もいらないし結婚もしたくない。「男女でつがいたい、巣作りしたい」って女子が多いけど、それを求めない女子も存在する。

ファー:「ヤリマン=男好き」ってイメージがあるけど、「男が好きじゃないからこそ、体だけと割り切って楽しめるヤリマン」ですね。

アル:それって男なら最低野郎と呼ばれるけど(笑)、女だったら「最高のセフレ」として重宝がられるから。
あと「女は意味がないとセックスしない」って幻想もあるけど、単なる好奇心からセックスする女子も多いよね?

――そうですね、この間インタビューした人とかまさに好奇心タイプでした。

ファー:あの、そうなんすよね。男として光栄なセックスってあるんですよ。
例えば「最初見た時からやってみたかった」とか「セックスの時どんな顔をしているか見てみたい」とか…やっぱ嬉しいですよね。

ビッグ・ザ・武道 アルテイシア ファーレンハイト ヤリチン ポジマン ネガマン
ビッグ・ザ・武道

アル:私は「キサマの仮面を剥いでやる」っていう、ビッグ・ザ・武道的なパッションだったけど。あ、キン肉マンにそういう超人がいるんです。

一同: (笑)

アル:普段カッコつけてる男でも、フェラや騎乗位の時ってカッコつけられないでしょ?それで「仮面を剥いでやったわい!グハハー」みたいな。

ファー: そうですね、まさしく騎乗位の時に言われましたからね(笑)。「その顔が見たかった」とか。
ハンターとしての男の面目は丸つぶれなんだけど(笑)。 …これほんといい話ですよね、深いですよ。女性が主体的になれるひとつのスタンスを示していますからね。

アル: 「マスクの狩人」のスタンスでやるのもアリと。

【次回<草食系男子に効果的なボディタッチとは?>へ続きます!お楽しみに】

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 アルテイシアさんの新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売中です!
草食系男子の落とし方・男をトリコにする秘訣・正しいオナニーの方法…etc、女子がハッピーに生きる知恵が満載♪
質問や感想は、@artesia59までどうぞ~


関連キーワード