• sex
  • 2014.08.22

峰なゆか×ベッツィー女子のためのセックス対談/日本の性をよくすれば女子はもっと下ネタが楽しめる(後編)

『アラサーちゃん 無修正』の峰なゆかさんとAMでのコラムが大人気のベッツィーさんお二人の特別セックス対談をご紹介します!「セックスでイケない」「彼のテクだと痛い」などあるあるなお悩みをバッサリ斬るお二人!エスパーは使えないのだから、痛かったら痛いと言うしかありません。では痛い!の上手な伝え方とは?

『アラサーちゃん 無修正』の峰なゆかさんとAMでのコラムが大人気のベッツィーさんお二人の特別セックス対談をご紹介します!
第一回はこちら→なぜ女性誌のセックス特集は平均値を毎回出すのか(前編)

「彼氏のセックスが痛い」ならなぜ彼氏に言わないのか

峰なゆか ベッツィー 対談 セックス
(左)ベッツィーさん(右)峰なゆかさん

峰:そういえば「どうすればイケますか」に続いてウザい相談が、「彼氏のセックスが痛い」なんですよ。
「AVでやってる激しい手マンの悪影響に違いない!!」とかっつって、出演してたからってなぜか私が責められたりして意味わかんないですよ。
そうやって女同士では痛い痛い言うのに、彼氏本人にはぜったい言わないし。

ベッツィー:痛いときって痛いって言わないとぜったい伝わんないじゃないですか。
痛くて顔しかめてても気持ち良くて顔しかめてるんだって思われるし。

峰:痛い顔とアへ顔ってほぼ同じですもんね。

ベッツィー:彼がそれを察してくれないって文句つけたりとか。

峰:私気付いたんですけど、セックスの最中に「痛い?」って聞いてくる男の人ってぜったい痛いことしてこないんですよ。
自分のやってるセックスが、もしかしたら相手にとっては苦痛になってるかもしれないって意識が少しでもある人って、行動に出てるんだなって思って。

ベッツィー:うんうん! 痛くないっていうか、逆に弱すぎる人が多い。
ぜんぜん痛い心配なんてないよ、って人に限って「痛い?」って聞いてくる。

峰:でも「もっと強く」は言いやすいけど、「痛い」ってやっぱ言いづらいから、最初は弱すぎるくらいの方がいいかなー。
だから痛いって言えない女子の気持ちも分かるんですよ。
いきなり「痛い」って言うと、男の人ってすっごい傷つくじゃないですか。
だからベッツィーさんがコラムで書いてた、「普段から彼に気持ちいいって伝えておけば、いざ痛いときに痛いって言いやすい」っていうのはすごい良い方法だなと思いました。

ベッツィー:100回気持ちいいって言われた中の1回痛いって言われたのがあっても、「あっ、これは痛いんだな」ってなるだけで、男心はそこまで傷つかない。
でも普段「気持ちいい」って声に出して言わない人ほど「痛い」って言うのも我慢しちゃうじゃないですか。
でももう痛すぎて耐えられなくて、あるとき意を決して「痛い」って言っちゃうと、男からしたら気持ちいいゼロに対して痛い1だからすごい傷ついちゃう。

峰:「もしかして今までのもぜんぶ痛かったの?」って。

ベッツィー:だから普段から気持ちいいにせよ痛いにせよ、言った方がいいと思うんですけど、なんでそういうこと言わないのかな。

フェラ中は完全マグロの男性… 工場でちんこを吸う労働に思えてきます

峰:でもそれ言ったら、男の人の方が反応しないじゃないですか。
女の人はなんだかんだでみんな少しは反応するけど、男の人ってフェラされてても無言で寝っころがって完全にマグロのやつが多いし。

ベッツィー:いますねー! ちょっとくらい腰動かすとかしろよ、とか思うんですけど。

峰:そうやってなんの反応もないと、こっちもどこがいいのかも分かんないし、自分もいろいろ伝えていいんだってこともわかんないし、やってて楽しくないからフェラチオが作業になってくるんですよね。
工場でちんこを吸う労働みたいな。

ベッツィー:あははは! ありますね! こっちも聞いたことあるテクニックを黙々とやるしかない。
男の人は、男が声を出すのを恥だと思ってるんじゃないかな。M男だと思われたくない、みたいな。

峰:確かにアンアン喘がれたらちょっと引きますけど、もうちょっと吐息を洩らすとかちんこをぴくっとさせるとかいろいろあんだろー!

ベッツィー:男の人は逆にそこらへんをAVから学べばいいと思いますけどね。

峰:ほんとうだ!!

日本のセックスを良くすれば
女子会でもっと楽しい下ネタが話せる!

ベッツィー:でも男も女も本当に、どうやったらコミュニケーションとれるようになるのかな……。

峰:ん?

ベッツィー:
いや、どうやったら女の子がもっと気持ちいいセックスをできるようになるのかなって思っていっつもコラム書いてるんですけど……。
いまいち反応もないし、読者の人に響いてんのかなって疑問で。

峰:少なくとも私にはすごい響いてますよ!

ベッツィー:そのわりに半年以上前に書いたフェラテクとか手コキテクとかの記事ばっかりいまだにサイトのランキング上位に入ったりしてて。

峰:……なんか方向性を悩んでいるんですね!

ベッツィー:そうなんです! だから今、女子がどういう悩みを持ってて何を知りたいのか調査中なんですけど。

峰:でも男性誌のセックス記事も、「女をイカせるために」みたいな記事が載ってるけど、あれって女を気持ちよくさせるテクニックが載ってるわけじゃなくて、「女はこういうことをされたら気持ちいいんだ」って思って男が興奮できる記事が載ってるわけじゃないですか。

ベッツィー:そうですね。

峰:だから、自分とか相手を気持ちよくさせるための情報って実は男女ともにそんなに求めてはないのかもしれないですね。
女子の場合は自分の不安を解消したい。男はセックスファンタジーの中で興奮したい。

ベッツィー:なるほど!! でもそんなことを何年も繰り返してきて、日本のセックスって今後良くなっていくのかな。
オナホールとかはどんどん進化していってるのに、セックスはぜんぜん前進してない。

峰:ベッツィーさんの日本のセックスを良くしていきたい、みたいな壮大な願望はどこから出てくるんですか?

ベッツィー:だって女子がもっとみんなセックスを楽しんでれば、女子同士で下ネタ話すとき楽しいじゃないですか!
 私は女子同士で楽しく下ネタを話したいんです!! だから日本のためとかじゃなくて、自分のためなんです。

峰:確かに女子会で痛いとかイケないとかくそもおもしろくない話されるのイヤですもんね!

ベッツィー:みんなで彼氏のセックスの叩き合いみたいのしてもぜんぜん楽しくないじゃないですか。「うちの彼氏なんてさー」みたいな。

峰:「ゴムつけてくれないのー」とか。おまえがつけろよ。

ベッツィー:そういうことよりも、「この間ここをこうしたらすごい楽しかった」とか「このオモチャすごいきもちいいよ」とかそういうことを話したいんですよ。そういう話ができる人口を増やしたいんです。

峰:下ネタを話したい欲が強いんですね。

ベッツィー:下ネタって、ちょっと失敗した話とかでもみんなでギャハハって笑えるじゃないですか。すごいハッピーな話題だと思います。

峰:あと普段から女子同士で下ネタ話してると、彼氏にもそういう話がしやすくなるから「こうしてほしい」とか伝えやすくなっていいですよね。

ベッツィー:女の子同士で下ネタ話さない子って、彼氏にも何も言わないですもんね。

男性へ「クンニは大陰唇から!」
女性へ「自分が楽しむことを最優先!」

峰:でもそうやって女子同士で下ネタ話してると、素人の方がヤベーことやってんな、って思ったりしますね。

ベッツィー:ありますねー!!!

峰:メディアでヤリマンを名乗ってる人のことを「プロのヤリマン」って呼んでるんですけど、よくプロヤリマン同士で「やっぱアマチュアのヤリマンの方がすげえ」って話してます。

ベッツィー:うん、化粧っ気もなくてすっごい地味な感じの子がすっごいセックスしてたりしますね。
アナルセックスとか普通にやってて、けっこうハードな露出プレイしてたりとか。

峰:夢がありますねー!

ベッツィー:そういう話聞いてると、私ってわりと普通だな、どノーマルなんだなって思います。

峰:じゃあ最後に、男性へむけてと女性にむけてのアドバイスをお願いします。

ベッツィー:んー、クンニをするときはいきなりクリを舐めずに、まずは大陰唇、小陰唇から舐めろ、と言いたいですね。

峰:わかるーーーー!!

ベッツィー:なかなかあそこからいく人いないじゃないですか。こっちはせっかく大陰唇ツルツルにしてんだから、舐めろよ!

峰:大陰唇から舐められると、すごい当たりひいた!って思います。
でもクリトリスしか舐めない人は、なるべく愛液を舐めたくないんじゃないかなー?

ベッツィー:
そっか……。でも大陰唇はそんなびちょびちょにはならないし! 小陰唇は多めにみるけど、せめて大陰唇は舐めてほしいですね。

峰:まったくですね! じゃあ女性にむけてのアドバイスは。

ベッツィー:セックスって、男の人を喜ばせるものじゃなくて、まず自分が楽しまないと相手も楽しませられないから、自分が楽しむことを最優先させたらいいなって思いますね。

峰:でも今まで楽しいセックスをしたことがなかったら、どう楽しめばいいか分からないかもしれないですね。

ベッツィー:女の人にもAVとか官能小説とか、もっとエロに触れることを勧めてるんですよ。今だったらネットでも見れるし。
そしたら「これやってみたい」とか「これ楽しそう」ってのがぜったいひとつふたつ出てくるじゃないですか。
そうやってエロいものに目を向けて、自分が楽しいと思えることを探していったらいいのかなと思います。

【おわり】
前半はこちら!→なぜ女性誌のセックス特集は平均値を毎回出すのか(前編)

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話