• sex
  • 2014.07.18

NO MOREセックス泥棒!ごきげんなセックスをするための4つの心構え/Y=ヤリ損


 前回の「X=Xanadu(桃源郷セックスで彼を虜にする)」も合わせてどうぞ。

 あなたのセックスをもっと楽しくする「ラブライフのAtoZ 2nd stage」
今回のテーマは、「Y=ヤリ損/NO MOREセックス泥棒!ごきげんなセックスをするための4つの心構え」です。

悲劇のヒロインはもうやめよう!ヤリ損かどうかは、自分次第

OLIVIA ラブライフ A to Z
Diet Munhoz


 女性のセックスにまつわるお悩みを聞いていると、自称“ヤリ損”した女性にお会いすることがあります。

「ヤリチン被害にあった!」「ヤリ捨てされた!」と嘆く女性たち。
彼女たちの話を聞くと、相手の男性のいい加減さや“今に生きる男子”っぷりに憤りを感じるとともに、悲しみにくれる女性を悲劇のヒロイン扱いしてあげなければならず、ちょっと面倒臭いというのが本音です。

 “ヤリ損”した女性には、耳が痛い話かもしれませんが、ちょっと聞いてください。
大人の男女がセックスをするに至って、強制的に乱暴されること以外、ある程度、双方が合意した上で行為に及んでいるはず。
それにもかかわらず、“ヤリ損”女性が後を絶たないのは、相手とのセックスから「学べることがなかった」「得することがなかった」悔しさを相手のせいにしたいから。

 女性が自分の欲望に忠実に、主体的にセックスをする「ヤリマン」(素敵ビッチ)ではなく、男性のペースに合わせてセックスする「サセコ」感が上回ってしまうと、ふたりの関係が思い通りにならなかった時に、「なんか、損した」気分になってしまうんですよね。

 私は、「日本人女性のラブライフをごきげんにする!」のがライフワークなので、いつも女性の味方でありたいと思うのですが、今回ばかりは、辛口です。

 ヤリ損を予防する方法は、「女性が主体的にセックスをマネージメントすること」
自分のセックスに真摯に向き合うことでしか、ヤリ損を防ぐことはできません。つまり、自分次第なんです。
セックスに対する心構えを変えるだけで、もう“ヤリ損”に泣くことはなくなります。くやしさをバネに、あなたのセックス観をリニューアルしましょう。

主体的にセックスを楽しもう!ヤリ損を予防する4つの心構え


<ヤリ損予防策1:自分が本当にしたい男性とする!>
「この人は、どんなセックスをするんだろう…」とエロい目で彼を見つめて、「触れてみたい!」とアソコがジュンと潤う。
そこまでカラダが欲する相手であれば、「彼とセックスしてみたい!」という目標を達成した時の満足度が高く、たとえ一夜限りの関係だったとしても「思い出セックス」として綺麗に記憶に残すことができます。

 男性のスペックで損得勘定をするのではなく、カラダの欲求に耳を傾けて、相手選びをしましょう。

<ヤリ損予防策2:一期一会を大切にする!>
 例え、継続的なお付き合いを前提にセックスしたとしても、「この人とは二度とセックスすることはないかもしれない!」と思い、一期一会を大切にします。
出し惜しみせず、自分のすべてを出し切って、自分らしいセックスができれば、爽快感しか残りません。

<ヤリ損予防策3:自分がしたい時にする!>
「今日はそんな気分じゃないんだけど…」「もうちょっと様子みてからしたいな」と、ちょっとでもモヤモヤする気持ちがあるなら、タイミングを見計らった方がベター。
相手のペースに巻き込まれてしまうと本領発揮できずに不完全燃焼になってしまうことも。
しかも、その後に音信不通になってしまうと「私のセックスが悪かったのかな?」と自分を責める原因になってしまいます。

<ヤリ損予防策4:safer sexを徹底する!>
 望まない妊娠やうっかりうつされた性感染症は、ヤリ損を心底感じる痛手。
自分に合う避妊法をセレクトして、「彼としたい!」と強く思ったら、コンドームを携帯してセックスに臨みましょう。自分の身の安全を確保するためには、あなたがsafer sexの主導権を握ることも大切です。

 以上、“ヤリ損”を予防する4つの心構えでした。
自分らしいセックスができる女性こそ、セクシーで魅力ある女性だと思います。
“ヤリ損”に泣き濡れる女性が少しでも減り、気持ちよくヌレヌレになる女性が増えますように。

 次回で、いよいよラブライフのAtoZ second stageも最終回!
有終の美を飾るテーマは、「Z=zone(ラブライフ格差社会 あなたはどのレイヤーに属したい?)」をご紹介します。

Text/OLIVIA

■OLIVIAさんの新刊予約受付中!

Tomy

『最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス』
OLIVIA・著
実業之日本社

男女の性メカニズムの違いを紐解きながら、日本人の抱えるセックスのお悩みと勘違いを真面目かつ中立的な立場で分析し、セックスカウンセリングの現場目線の生きた“テクニック”を紹介しています!

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら