• sex
  • 2013.11.29

瞳と話し方で色気は誰でも出せる!プロ直伝の色気テクニック

色気は、テクニック!誰でも簡単に醸し出せます

OLIVIA ラブライフのA to Z
Joe St.Pierre


 ご無沙汰女子の皆様、こんにちは。

 二度目の初夜に向けてのSTEP3「出会い編」は、出会いの参考になりましたか?
女性がひとりで盛り上がっていても、成り立たないのが男女の仲。
男性をその気にさせなければ、ベッドに進めません。
気になる男性が現れたら、狙いを定めて、二人の距離を急接近させましょう。

 とは、言うものの、ご無沙汰女子達からのお悩み相談で多いのが、「色気の出し方」と「彼をその気にさせる方法」。「私、色気がないんです…」と嘆く女性の多いこと、多いこと。
色気を出すことって、そんなに難しいことじゃないと思うんです。
私は、ラブライフアドバイザーという職業柄、「色気がある女性像」を求められておりますが、セミナーや取材を受けている時に、色気を出すために意識していることがいくつかあります。

 あまり大きな声では言いたくないのですが、御無沙汰女子の皆さんのために、伝授しますね。
色気を出すのは、テクニック。コツさえつかめば、誰でも簡単に醸し出せます。

色気は、瞳とスピードと隙で出す


 必ず相手の瞳を見て会話すること。
コミュニケーションの基本ですが、アイコンタクトは、とっても大事です。

 初対面だと照れがあったり、じっと目を見ると緊張させてしまうんじゃないかと思いがちですが、その気があることをアピールしたい場合においては、相手の男性の瞳に映る自分を鏡を覗くようにチェックしながら会話をしましょう。
その時に、じっと凝視するのではなく、常に目に笑みを浮かべながら、潤いのある瞳で見つめると好印象。

 ドライアイや目が充血気味の時は、目薬やホットアイマスクでアイケアをして、自信を持って相手の目を見つめられるように、出会いの場に向かいましょう。

 立ち振る舞いと話すスピードを「ゆっくり、おっとり」にすること。
早口でテンポよく喋るのは、「色気」という点では、せかせかした印象を与えてしまい、マイナスになってします。
少しわざとらしいくらい、まばたきをゆっくりして、食事の場であれば、グラスを口元に運ぶスピードをスローにするのを意識してみてください。 話すスピードも、滑舌よくゆっくり話します。声は、小さく低めに出すとさらに、セクシー。

 男性が聞き取りづらそうにした時には、彼の耳元に口を近づけて、耳打ちするように話しかければ、二人の距離もグッと縮まります。
その時にさりげなく、「○○さんて、意外と福耳だね」「なんか、いい匂いがする。香水、何使ってるの?」と、近づいたからこそ気づけた彼の特徴をサラッと言葉にするのも、男性をドキッとさせられます。

 間を抜いて、隙をつくる。
AMのセックスコラムを読んでいる読者の皆さんであれば、情報感度も高く、相手の男性よりもはるかにウィットに富んだ面白い話ができてしまうかもしれません。 お酒が入れば、会話も弾むでしょうが、男性との「知恵比べ」でしゃべり倒さないように気をつけましょう。

 会話が途切れるのを恐れず、沈黙を意識して作ります。
その沈黙がきっかけとなって、目を見つめ合ったり、手をつなぐチャンスが訪れるからです。
男性が付け入るスキをつくってあげるのです。 おしゃべり好きな女性ほど、相手の男性の心の機微に疎かったりするので、心当たりのある人は、隙をつくってみてくださいね。

頭の中を目の前の彼とのエロティックな妄想でいっぱいにする


 一番簡単で手っ取り早い色気の出し方は、目の前にいる彼とのセックスを妄想すること。

彼の唇を見つめて、「どんなキスをするのかな?」
彼の指を見て、「この指で、どんな風に愛撫するのかな?」
彼の胸元を見て、「抱きしめられたらどんな匂いがするのかな?」
彼の股間を見て、「どんな形なのかな?」

 と、完全にいやらしい目で彼を見つめましょう。
お酒の入った状態で、妄想を膨らませれば、胸は高鳴り、頬は紅潮し、自然と目と女性器はトロンと潤ってきて、全身の粘膜と毛穴から色気が醸し出されます。これは、冗談ではなく、本当の話。

 お相手の男性は、オスの直観で、あなたがHモードに入っていることを察知するはずです。

OLIVIA ラブライフのA to Z


 12月4日配信のOLIVIAの有料メルマガ「誰も教えてくれなかった 飽きない!セックス」では、色気を醸し出す方法の応用編。 「名刺交換でドキッとさせる方法」と「『この子、感じいいな』と思わせるペンの渡し方」を写真入りでご紹介します。あわせて、チェックしてみてくださいね。

 次回は、『食事デートで二人の距離をグッと縮めるボディコンタクト』についてです。
 毎週金曜日更新です。
お楽しみに。


Text/OLIVIA

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら