• sex
  • 2015.08.25

「アソコが濡れる=性欲の終着地点」と思ってて…1日に10回オナニーで受験失敗/処女大学生の性事情(1)

今回取材に応じてくれたのは女子大に通うAさん。まだ未成年という彼女は性の目覚めからまだ日が浅く…。高校時代は1日に10回もオナニーをしていたという彼女の性事情に迫ります!


 今回、待ち合わせ場所のオシャレなカフェに現れたのは、女子大に通うAさん。薄化粧にクリッとした目が可愛らしい、いかにも女子大生って感じの女の子です。いやあ、若い! 眩しい! 肌に若さがみなぎってます!

 まだ未成年ということで、お酒は抜き。ホットサンドをいただきながらの和やかなインタビューになりました。(嘘です、本当は私だけ一杯飲んでしまいました。ダメな大人でごめん……。)

性の目覚めはDMMのエッチ画像

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
StarMama

A: 応募しといて申し訳ないんですけど、私まだ処女なので、ここに登場する方たちみたいな面白い性の話がないんです。夜の勢いでメールしちゃったので……。

――いえいえ、全然大丈夫ですよ。じゃあまず、性の目覚めから教えてもらえます?

A: 小学校2、3年の頃だったかな。祖父母の家にパソコンがあって、遊びに行くたびにトップページの“検索ワードベストテン”を順番に見ていくのが楽しみだったんです。
で、ある日たまたま6位くらいに“青木りん”っていうのがあって、クリックしたらDMMのページで(笑)。その時はエッチな知識が全然なかったから「なんじゃこりゃ!」って思ったんですけど、すごく興奮したのを覚えてます。

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
2006年デビューのAVアイドル青木りん。
Kカップという規格外の爆乳と、名のある着エロアイドルがAV転向したってことで当時たいへん話題になりました。
なんとデビュー作は10万本の売上げ。もちろん私も観ましたよ!

――何の知識もなくていきなりDMMが出てきたらびっくりするだろうなあ。男女のカラミ画像もしっかり出てるし。

A: そうなんですよ! だからそれ以来、祖父母の家に行くと必ずDMMのサイトを見るっていうのがパターンになっちゃって。それからはもうDMMに夢中(笑)。
まだセックスやオナニーの知識もなかったので、サイトに出てるランキングを1位~10位までひたすら見て「うわ、すごいことしてるな~」ってドキドキしてました。

――セックスやオナニーについて知ったのはいつ頃?

A: DMMを最初に観て1、2年してからかな。コンビニで女性向けのエッチマンガを立ち読みするようになって、なんとなく知った感じです。
オナニーはもう少し遅くて、それこそ高校に入るくらいまでオナニーの知識がなかったので、ムラムラしてもそのまま。アソコが濡れてくるのが性欲の終着地点だと思ってたんですよね。

オナニーのやりすぎで受験失敗

――じゃあ初オナニーは……。

A: 高校三年の8月。

――高校三年っていったらつい最近じゃないですか! 

A: 高校一年でオナニーの知識を得てから、ずっと「やってみたい」って思ってたんですけど、クリトリスの場所がわからなくて……「きっと私にはクリトリスはないんだ!」って一旦諦めたんですよ(笑)。でも高校三年のときに「もう一度チャレンジしてみよう」と思ってネットでやり方を調べて。

――ネットにオナニーのやり方なんて載ってるんだ。

A: けっこう詳しく載ってますよ~。「まず落ち着いた雰囲気を作ってください」とか「ゆっくりパンツの上から触って、濡れてきたら直に触りましょう」とか。

――うーん、子供の頃からDMMのサイト見てても、実際に使える知識はネットで調べなきゃ入ってこないんだね(笑)。

A: 二週間くらい頑張ってようやくクリトリスを探し当てて、その日の夜に満を持してオナニーしたらすぐにイケて。「こんなすごいものがあったなんて! 18年間を棒に振ってた」って思いましたよ。
でもそれからはオナニーに夢中。受験生なのに止まらなくて、一日に10回とかするようになっちゃった(笑)。

――10回ってすごい! 学校行かなきゃいけないのに困らなかった?

A: 学校でムラムラしたらトイレに駆け込んで……塾のトイレでも頻繁にしてました。ほんとタガの外れたお猿さんみたいな感じ。
結局、第一志望の大学は落ちて、結局センター利用で通った大学に進学することになったんですけど……。

――オナニーで受験失敗か……なんか青春だなあ。

初のエッチ動画はお母さんに便乗して

――話聞いてるとわりと遅咲きなのかな。高校三年くらいになると、周りに初体験済ませた子もいたでしょ?

A: 私が通ってた高校は、地方の進学校ですごく真面目だったんですよ。共学だったけど、高校在学中に経験した子って学年に10人もいないくらい。
友達が買ってきた『an・an』のセックス特集を見て、それに出てる動画サイトをみんなでチェックするとか、それくらいでした。

――かわいいなあ。あの、Aさんって、こうして目の前にいるの見ても、ウブっぽくて可愛らしいイメージですよね。もしかしてエロに対する興味はそんなにないほう??

A: 全然ありましたよ! 
エッチなこと人前で口にしちゃいけないと思ってたので、学校では友達と「クラスの○○君の下半身はどんな感じだろう」って話したりする程度だったんですけど、家ではDMMのサイト見て「私も縛られたいな~」「女の人がプロレスするこのAV興奮するな」とか考えてました(笑)。

――ははは、キャットファイトですね。DMMが入口なだけあって妄想もAV的だ(笑)。もしかしてサンプル動画とかも観てたクチ?

A: いえ、エロ動画はウイルスに感染しそうで怖いので、もっぱら写真で。
だから初めて観たのも高校生になってから。ある日検索履歴を見てたら「無料 動画」っていうのがあったんですよ。
弟はまだ子どもだし、父親は単身赴任で家にいなかったから「あ、お母さんがエッチ動画見てる! でもお母さんも観てるなら安全かな」って思って観始めました。「カリビアンコム」っていうサイトだったんですけど。

――お母さん! 「カリビアンコム」ってバリバリの無修正ですよ!(笑)

A: そうなんですよ。初めて勃起した男性のモノをしっかり見たので、気持ち悪くなっちゃって。「これを舐めるとか信じられない!」って思いましたね。

 次回は、早く処女を捨てたくて出会い系に登録したというAさんの初恋についてお届けします。

Text/遠藤遊佐

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話