• love
  • 2016.05.11

SNSマメな都会男より田舎男を選べ!?自分で埋める気がない欠落を埋める恋愛

アラサーにもなると、もうこれから性格なんてそうそう変わりません。これからどう生きていこうかなと考えたときに、自分の欠けたところを一緒に居る人に埋めてもらうのって、すてきな関係だと思いませんか? 田舎男に出会って考える恋愛論です。

全く違う価値観でも刺激を与えてくれる人

舘そらみ 応用のきかない恋愛論
©Giacomo Carena

 舘そらみといいます。

 都会になじむ男は、もうお腹一杯だ。
SNSとかマメな人間が信用できなくなってきた。

何をそんなに発信しているの? 自己顕示欲丸出しの男子高校生じゃあるまいに。
軽快なトーク繰り広げて、流行事情をしっかり把握してて。夜遅くまで人と騒いで。
テレビはそんなに見なくって、インターネットが基本のツール。
ものすごい勢いで文字入力して、休みにはしっかり文化に触れたり自然に触れたり。
なんかなー! そういう男、今お腹一杯だなー!!
そういう男の人に流れる時間のリズムが、なんかめんどくさくなっちゃったなー。

 田舎男に、会った。田舎で。
ガチ、田舎男。
コミュニケーション下手な、田舎男。しゃべりが続かない、田舎男。
生まれてから今までずっと故郷に住む男。東京に来たのは、高校の修学旅行の一回だけ。
休みの日何をしてるか問うても、「いやあ、特には」。
今まで出ようと思ったこと無かったのか問うても、「いやあ、無いねえ」。
なぜかと問うても、「まあ、うーん、これくらいの田舎さがいいよねえ」。

 31歳、今初めて、田舎に住むということも可能性としてあるなと、思い始めている。

 私は、田舎に住んだことも無ければ、故郷すら持たない。
小学校6年間に小学校6つ行っているような引っ越し一家で、今でも、思い付きで南米に遊びに行くくらい、移動範囲が広い。
だから、田舎に住み続ける人の気持ちがきっと分かっていない。
でもなんか、アリだなあと思う。
田舎も田舎男も、アリだなあと思う。

 たくさんたくさん合わないだろう。
だって、冒頭に書いた「都会になじむ男」と私はきっと何も変わらない。
「都会になじむ男」よりもワビサビを兼ね備えていると思っているが、根本的にはきっと変わらない。
結局は都会のリズムにどこか乗りながら、「ヒョイッヒョイッ」と適当に小さな波を乗りこなしている。

<アリだなぁと思わせる男とは?>


好き嫌いより、どう生きていくかという恋愛

 そんな私は、田舎男に合わない箇所だらけだ。
というか、田舎に合わない箇所だらけだ。
まず、陰口とか吐くほど嫌いなので、陰口言う文化が根付いていたら、もう喧嘩をしまくる気がするし、噂話とか死ぬほどくだらないと思うし、ポケーっとテレビを見て時間が経つとかホント無理だし、週刊誌の芸能ネタとか読んでたら引いちゃうし、なんだろ他にも言い出したらキリがないけど、「世界狭いな」と思ってしまうことに頻発する気がする。

 まず、劇場や美術館に行きたいので、しょっちゅう都会に出てくるだろうし、数か月どっかの国に行ってくるとかもする気がする。
田舎に行ったからって田舎に合わせる努力は、そこまできっとしない。
「自分で価値があると思える」程度は合わせるけど、それ以上の努力はしない。

だからきっと、周りの人間も私に対してストレスを感じるだろう。

 でも、なんだかアリな気がしている。
田舎は、そして田舎男は、私の欠落している部分を埋めてくれる気がする。

 私に無いものを田舎男は持っている気がするし、彼に無いものを私はきっと持っている。
「自分の県から出たことないなんて、なんかつまらないなあ」なんて思ってしまう私は、一箇所の土地に身を置き続ける尊さを知らない。彼はそれを教えてくれるだろう。
彼の日々の生活に「好奇心がなさ過ぎる」と感じてしまう私は、反対に、好奇心が高すぎるのだろう。好奇心のみで人生を決めていく私の人生を、どこかたしなめてくれるかもしれない。

 何より、ゆったりと息を吸って息を吐く、そんなことを教えてくれるかもしれない。
うまい喋りや豊かな表情だけがコミュニケーションじゃないよって、教えてくれるかもしれない。
そして私は彼に、芸術がいつでもそばにある生活がどんなものかを垣間見せることができるだろうし、隣近所を気にする必要ないだろうという思い切りの良さも体現できる。

 自分と似た人間と一緒に居るのはとても楽しいけど、自分の欠けた部分を持っている人と一緒にいると、バランスの取れた人間になってくる気がする。

 もう31歳、これから性格が大きく変わることなんてほぼ無いだろうし、自分の欠落部分を埋める気ももうそんなに無い。
というよりも、この歳の欠落部分なんて、自然にできたものではなく自分で選択して欠落させたようなものだ。
好奇心にばかり駆られた生活も、移動だらけの毎日も、自分で好きで選んだものだ。
だから今更自分で埋める気も無い。ずっと欠落したままだろう。

 ただ、自分でもう欠落を埋めるつもりはないけれど、一緒に居る人に埋めてもらうのっていいなって思う。

 そんな恋愛もアリだなあ、なんて思う。
好きか嫌いかというよりも、どう生きていこうかなっていう恋愛。

 そんなことを考えるきっかけになったのは、田舎で会ったガチ田舎男。
自分と全く違う価値観で生きる人に会うと、こんなにも刺激受けて考えさせられるんだなぁ。

Text/舘そらみ

自分とは違う男性に惹かれるかも!

Poiboy
©Poiboy

 AM編集部がプロデュースした女の子のための恋愛応援アプリの「Poiboy」は、女性同士で気になる男性をオススメし合い、好みの人を見つけてコミュニケーションができるアプリです。
気になる男子をポイ(フリック)する「お気に入り登録」や、お気に入りの男子をグループ分けして楽しむ「コレクション機能」、仲良くなりたい男性とだけできる「メッセージ交換」など、恋愛に受身な女性でも気軽に楽しみながら利用することができます。
「Poiboy」はApp Storeでダウンロードすることができます。Android版も近日中に登場する予定!

ダウンロードはこちら

ゆっち ファスティング ベルタ酵素ドリンク ダイエット 断食

 運命の出会いは、ストリート…!? 道ですれ違った人に積極的にアプローチする方法をご紹介!

ライタープロフィール

舘そらみ
脚本家・俳優。1984年神奈川県生まれ、トルコ・中米育ち。映画「私たちのハァハァ」の脚本を執筆。Twitter:@_sorami

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者の既婚女性の実態をアンケート中です!

AM読者には既婚女性も数多くいらっしゃいます! 夫婦生活は私たちの生活に今までとは違う感覚や感情をいくつももたらしてくれるもの(良いのもあれば、もちろん悪いのも)。 みなさんが日々感じていることを教えていただけたらありがたいです!

アンケートはこちら