Loading...

女の皮膚に直接さわるな、危ないぞ!恋心を溶かす「間接タッチ」法

恋心を溶かす「間接タッチ」法

舘そらみ 応用のきかない恋愛論 Poiboy 間接タッチ 恋心 モテ スキンシップ Hanna Alicé

 舘そらみといいます。

“付き合うのかな?
このまま行くと付き合いそうだよな、どちらかが口を開くとこれ今晩にでも付き合うよね?
あれ。この飲み会2人で抜けた方がいいのかな?”
的な段階の時、大人数での飲み会が繰り広げられているそのテーブルの下で、足をからまして遊んでいた人とは、やはりその夜付き合いました。

 そんな時のちょっとしたスキンシップは、とても楽しい。ドキドキする。
文字通り、ドキドキする。
思いが生じかけている人との肌と肌の触れ合いは、そりゃ勿論ドキドキして、キモチが良い。

 しかし、だ。

 発展しそうな雰囲気などまだないにも関わらず、触ってくる男が居る。
お酒なんて入ろうもんなら、肩叩いてきたり、脇腹つついてきたり、頭こづいたり。

 いや、本当に辞めてください。

 ズカズカとパーソナルスペースに入ってこられても警戒するだけ。何より、キモチが良くない。
大して親しくもないのに、触ってきちゃうの、アレホントダメ。

 あれはアレなのかしら、“スキンシップ女子”が推奨されちゃうもんで、その恋愛テクニックを応用してる的なやつなのかしら。
いやいやいや、まずスキンシップ女子だってうまいことやらなきゃ危ないし、何よりきっと、男性より女性の方が、皮膚という名の境界は厚いんだと思う。そんな簡単に境界に触れられると、「うわっ」となるだけです。

 自分から触るのはOKだ。
普通の友人男子でも、抱きついたり膝枕したりしてしまう。それは、もう全然OK、愛いっぱい。
好意ある人間に触られるのも勿論OKだ。
そりゃそうだ。好意ある人間に触られたくて生きているようなもんだ。
それを見て、「おお!気楽なスキンシップはいいもんだ!」と勘違いしちゃう男性、違うよ。
同じスキンシップでも残念ながら雲泥の差だ。

 女性には、直接触るな。危ないぞ。

<女心をつかむスキンシップができる男性とは?>

前後の連載記事