• love
  • 2014.03.15

海外に転勤!?遠距離恋愛の過ごし方/オネエ精神科医のアドバイス

遠距離恋愛の乗り越え方

Tomy 恋愛 遠距離恋愛 海外 Tomy 精神科医
by Cubmundo

 春は出会いと別れの季節。
引越しや転勤、入学卒業、入退職、様々なことがあるわね。
うれしいこともあれば、寂しいこともあるわよね。

 というわけで今回は遠距離恋愛についてとりあげてみようかと思います。

K.Sさんからのメッセージ(23歳、アパレル)からのメッセージ
「彼が転勤で海外へ!遠距離恋愛はどう過ごせばいい?」

 はじめまして、私には17歳から付き合っている彼がいます。
高校時代の同級生で、自分で言うのもなんですが、とても仲が良く、大きなケンカもなく上手くいっています。
彼は高校卒業してからもずっと地元で働いており、私も地元で就職しました。現在は半分同棲に近い形です。

 しかし、彼は今度会社の海外プロジェクトのメンバーに選ばれ、半年ほどアメリカに行くことになりました。

 常に一緒にいたので、これだけ長い間会えなかったことはなく、とても不安です。 遠距離中どうやって過ごせばいいでしょうか。

 遠距離恋愛といっても、ずっと遠距離なのか、一時的なものなのかでだいぶ環境は異なるわね。
もちろん対処の仕方も違うのだけど、今回はとりあえず「期間限定の遠距離恋愛」の乗り越え方についてです。

都合のいい楽な関係は「恋愛ではない」

 半年といえばそれなりの長さなので、「ひたすら我慢して会える日を待つ」というスタイルだと相当苦痛だと思うわ。
人間「我慢」が効くのは個人差もあると思うけどせいぜい数週間です。
なので、まず「我慢しない」ということが大切。
もちろん我慢しないといっても、「我慢しないで別の恋人探しなさい」という意味じゃないわよ。
「一人の時間を満喫する」ようにしなさいということです。

 遠距離恋愛で何が辛いかというと、「一人で何もしない時間」
これがあればあるほど、いろんなことを考えてしまうし、寂しさに押しつぶされそうになってしまうわ。
だから、この「一人で何もしない時間」をつぶすようにしてみましょう。
その具体的な方法をお教えするわ。

①遠距離になった場合、どれだけ一人の時間ができるか考えてみる

 たとえばほぼ毎日仕事のあとに会っているのなら、一日3時間ぐらい。
毎日は会わないけど週末だけあっているのなら、週末に20時間ぐらい。
人によって違うと思うけど、どれだけ時間が空くのか予め考えておきましょう。
何も考えずにいると、いきなり彼がいなくなってから「一人の時間」が突然やってきて結構混乱するのよ。
予めイメージトレーニングしておくことが大切。

②空いた時間で「何かできないか」考えてみる

 具体的に「一人の時間」の感覚がつかめてきたら、その時間で何か出来ないか考えて見ましょう。
ある程度長期の遠距離だと、「生活スタイルを変える」ぐらいの意識じゃないとなかなか現実についていけないわ。

 一番てっとりばやいのは、「仕事や勉強を増やす」
次にいいのは「習い事や趣味を増やす」
このとき大切なことはただ消費するのではなく、何か生産的なことをはじめる。ということ。

 ただショッピングやギャンブルなど、寂しさを生めるために消費をし始めるといくら時間やお金があっても足りなくなってしまうの。
何か生産的なことなら、「彼のいない間、私はこれをがんばろう」と寂しさを励みに変えることができます。

③彼が帰ってくるまでの目標を立てる

 空いた時間でできることに、一区切り目標をつけましょう。
たとえば「彼が帰ってくるまでに、TOEICで800点とろう!」とか「3kgやせよう!」とかね。

 会えない時間を我慢するのではなく、別の楽しみで埋めておく。

一人の時間を楽しんで、「気がついたらもうすぐ会えるじゃない!?」なんていつの間にか時間が過ぎているのが一番いいわよ。

 参考になったかしら?

Text/Tomy

■Tomy先生の新刊発売中!

Tomy

『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』
Tomy・著
メディアファクトリー新書

男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から「考え方のコツ」を伝授する。
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

Tomyさんへのお悩み相談募集中!

お申し込みはこちら

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら