「mixiのログインチェックはデフォ」私たちの恋愛黒歴史

相手を好きだったがために良かれと思ってやっていたはずなのに、後々に黒歴史にころっと変わってしまうのが恋愛の恐ろしいところ。そんな「恋愛黒歴史」に勇気あるAM読者3名が真っ向から向き合いました!このつらい告白を読んで(さらにご自身の黒歴史を思い出すことで)、今後の失敗を避けることにお役立てください。

 彼の気をひきたいあまりにとってしまった異常な行動、「恋愛黒歴史」。
当時は最善の手だと思っていたけれど、今になって思いかえしてみると恥ずかしい、かなりつらい思い出となっているのじゃないでしょうか。

 もうこんなことは繰り返したくない。

 だからこそ、過去の「恋愛黒歴史」をしっかりと振り返り、そのおろかさ、異常さを頭に叩きこむのです。

 今回は、勇気あるAM読者3名に集まっていただき、それぞれの「恋愛黒歴史」を語っていただきました。
つらい記事になるかもしれませんが、もう二度と黒歴史を紡がないために、目をそらさずに読んでほしいと思います。

A…28歳。web会社勤務。
B…30歳。銀行勤務。
C…23歳。デザイン会社勤務。

メールは恋愛黒歴史の宝庫

リナ氏3
©Lars Plougmann

――「恋愛黒歴史」特集ということで、みなさんの恋愛黒歴史を教えていただけますか?

A:定番ですが、返事をくれるまで送り続ける「鬼メール」はやってましたね。

B:やってたー(笑)!「なんで返事くれないの?」っていう、一番送っちゃいけないメールを送ってましたね。

A:しかも、まだLINEがなかったので、ウサギが泣いてるデコメで…。当時は「さみしい」の隠語のつもりで送ってましたが、超絶うざいですよね。あのときの自分を殴ってでも止めたい。

C:わかります。私は、メールするキッカケが欲しくて、チェーンメール送ってました。「こんなの来た(笑)」って一文を添えて。

――なつかしい!私もメールするキッカケが欲しくて、間違いメールをわざと送ってましたね。女友達宛を装って「○○ちゃん、明日×時にここね~!」みたいな…。

C:それ、私もやってたんです。そしたら、気になる男子から同じようなメールが送られてきたことがあって。これは偽の間違いメールでしょ!と舞い上がったら、素で間違えただけのメールでしたね…。

――なにそれつらい。

A:あと、SNSですね。ミクシィ全盛期の頃は、彼のログイン状況を調べて、「メールは返さないのに、日記のコメントは返すんだ~」ってネットストーカーみたいなことをやってた記憶があります。

C:私は家のログイン状況を確認してましたね。彼の家の前まで行って、電気がついてたら「いる」、ついてなかったら「いない」、豆電球なら「誰か連れ込んでる」っていちいち確認して帰るっていう。

――それは普通にストーカーでは?