背中をなめても反応がよくないと
段々男性もアソコに集中していってしまう

Nurture By rickyqi

峰:面接の話のときに、男の人は胸とかまんこ以外触らないって言いましたけど、童貞って、実は、胸とまんこ以外のところを触ってくるんですよ。
すんごい首筋を舐めるとか、背中を舐めるとか。
一応『ふたりエッチ』に「背中を舐めろ」と書いてあるからやるんです。

 ただ、背中をいきなり舐められても、すごい舐めるのが上手だったらいいですけど、童貞に背中をペロペロって舐められても、女の人って何も感じないですよね。

 でも、そこで何にも反応しないと、男の人っていうのは、
「あ、背中は気持よくないんだ。ただクリトリスをグリグリした方が反応があるじゃないか」と。

それで、どんどん背中とか反応のない場所を攻める気がなくなってしまうんですよ、男の人も。

―こっちと同じで、「だったら背中はいいや」ってなりますもんね。

峰:はい、男の人でも乳首は全く感じない人っているじゃないですか。
そういう人の乳首って、どんどん舐めなくなっていきますよね。
反応ある人だったら、ちゃんとセックスに組み込むじゃないですか。
そういう訳で、ちゃんと反応することは大事。

反応は声だけじゃない!
するべきは男を誘導する演技

―峰さんの中でどういう反応がいいとかってありますか?

峰:背中を舐められて「あんあん」言うとびっくりするほどわざとらしいです。
反応っていうのは声を出すだけじゃないんですよ。
「はぁはぁ」言うのももちろんそうなんですど、体をびくっとさせるのもいいですよ。
特に分かりやすいのは、男の人の体の一部を手で掴んで、いいって時だけ、ぎゅってする。
それって男の人にもすごく伝わりやすいんですよね。「あ、ここなんだ」って。

―なるほど。すぐにでも使えそうですね。
そんな無理してかわいく喘ごうとかしない方がいいですよね。

峰:うん、声で伝える以外の伝え方っていうのを一回やってみるといいかもしれません。

―背中とか首とかの時にすごい喘いでいたら気持ちわるいですもんね。それで、男の人を仕向けていくのですね。

峰:そうなんですよ。男の人に演技をするのは全然悪いことだと思ってないんです。
それって、男の人の自尊心を満たすための演技じゃなくて、誘導する演技なんですよね。

―ちなみに、声の出し方に関しても念のためお伺いしたいのですが、峰さんがイメージしていたり、こういう風に出そうと考えていることってありますか?

峰:
私が声の出し方で、一番効果的だなって思うのは、一瞬ふっとでかい声を出しちゃって、
「自分でもこんな大きい声が出ることにびっくり! きゃっ、恥ずかしい!」みたいな感じです。
それやると、チンコがぐんぐんくる感じですね。

前後の連載記事