雨宮まみ×少年アヤちゃん対談『パワーストーンにはまる女とルビーを掘る海老蔵』番外編その6

2012年11月25日、下北沢B&Bにて行われた満員御礼イベントをダイジェスト版でご紹介できなかったお話を番外編でお送りいたします。

雨宮:アヤちゃん石とかにははまったことないの? パワーストーン。

アヤ:石は親戚のおばさんがハマってるんですよ。なんかカナダの霊媒師にガチで洗脳されてて…。
一回それを私に売りつけようとして来たことがあったんですけど、「中国の、何百年まえの石で…」とか押して来る割にそれ普通にチャイハネで売ってるヤツで…。

雨宮:石の値段いくらだったのか気になる!(笑) こわい。

アヤ:怖くて聞けなかった!
で、更に後日、母の実家の庭からなぜか無数のパワーストーンが発見されて。

雨宮:(笑)。日本昔話みたいだね。庭に石が~って。
ちなみに何の石がおいてあったの?

アヤ:浄化系の石です。やばいよね。

雨宮:浄化系(笑)。そういうことがわかる程度にはわたしたち知ってるんだよね。

アヤ:もちろん! ライト石ブスだからね。

雨宮:若干やったことあるでしょ、月光にあてたりさ。

アヤ:セージの葉たいちゃったりとか。

雨宮:海の水で洗ったりね。石も浄化しないといけないんだよね。

アヤ:頼っちゃうんですよね。どの程度までやりました?

雨宮:ブレスレットかな。クラスターまではいかなかったなぁ。
ベッドの四隅に置いたりまではしなかった。

アヤ:そこまで行ったらこじらせの範疇を越えちゃうよ!

雨宮:なんか、肌に直接身につけた方がいいからって、ブラの中にローズクオーツ忍ばせたりとかまではいってない。
(※安野モヨコ『ハッピー・マニア』に出てくるエピソード)

アヤ:(爆笑) それ、もししてたら…もう誰も読まないよ、まみさんの本。

雨宮:やってないから!(笑)

アヤ:ブラにローズクオーツ入れてるこじらせ女って、つまりキチガイだよね。

雨宮:やばいよね。あったかくなっていくよね、石が。

アヤ:それ、体温だから!(爆笑)