ハイスペ彼氏に貢がせて「自分は何もしないキラキラ女子」のSNS投稿はなぜ生まれる?

友達をいさめられる信頼関係、ありますか?

トイアンナ 承認欲求 クリエイティブ loveiswritten

 友達を止めたい。たとえどんな理由であれ、勇気のいる決断です。
たとえばクズ男と付き合っている友達に「別れなよ」と声をかけても「わかった、別れるわ」とすんなり聞き入れる可能性はほとんどありません。
むしろ大好きな彼氏を非難したからと、あなたが嫌われるリスクのほうが高いでしょう。

「友達がfacebookで幸せアピールしてて、痛々しい」

 そんな相談をしてくれたのは30代前半、看護師として活躍するアユミさんでした。
Facebookはもともとキラキラアピールに使われるものですが、友人のAさんはその頻度があまりに高いのだそう。

「Aちゃんは半年前に彼氏ができたんですね。久しぶりの彼氏だし私もお祝いした思い出があるんです。でもそれ以来、ちょっと更新頻度がヤバい」

前はあんなじゃなかったのに

 ちょっと画面を覗き込んで、失礼ながらAちゃんのfacebookページを見せてもらうと……。

 あっだめ、これムカつくわ。

「誰かにお金や時間を貢がせて、自分は何もせず楽している人間」を見るとムカついてしまうのが人の性。
受け取る側の僻みと言われればそれまでですが、99%に妬まれそうな投稿ってあるものです。

 アユミさんはため息をついて「前はこんな子じゃなかったんです。たまたまハイスペ彼氏ができて、それで舞い上がっちゃってるだけなんだと思います。だけど1日1件はこんな投稿をしてて。Facebookで「いいね!」しないと会ったときなんで?って言われるし。辛すぎる」

前後の連載記事