中折れもひと晩グッスリ眠れば…

飲み過ぎや疲労による中折れも、ひと晩グッスリ眠れば回復し、モーニングセックスに臨む状態が整っているはずです。そしてモーニングセックスで無事、射精まで至れば、昨晩中折れしたことなんぞ、大して気にならなくなっているはず。そのためにも! 

さっさと寝て、明日に備える必要があるのです。とは言え、「明日の朝、リベンジセックスしましょう」だなんて発言は絶対禁句。現在進行形で中折れナウな男性に、翌朝のセックスを提案したところで、いっこうに響かないでしょうから。

だからこそ、まずは「ちょっと休憩しようか」と曖昧な言い方にとどめる必要があるのです。休憩という表現は非常に便利で、相手の中折れを責めてもいなければ、逆に頑張らせる圧力もかけていません。

魔法の言葉・休憩を用いて、合体体勢を解き、横になって目を閉じましょう。そして、そこからのスヤァ……ガチ寝するのです。女性が先に眠りに就けば、男性も安心して眠ることができるでしょう。そして翌朝には、コンディションが整い、何事もなかったかのようにモーニングセックスできているはず! 

これにて、相手男性には「実は夜のうちにコンディションは回復していたが、○○ちゃんが先に寝ちゃったから翌朝のモーニングセックスになりました」という大義名分が立ちます。オトコの沽券は保たれるのです。

そのためにも! のび太のように「おやすみ3秒」で熟睡できるテクを身に着けておく必要がありますね。心の中でヒツジを数えるなどし、なるはやでスヤァと寝息を立てられるオンナを目指しましょう。

Text/菊池美佳子

前後の連載記事